2010年 11月 13日

わかさ2011年1月号

b0052170_16162477.jpg


坐骨神経痛はこりにひそむ痛みの震源地トリガーポイントを除けば治り、簡単No.1は痛点ほぐし

72、73、74、75、80、81、82ページ

にでています。

関連病院(MPS研究会)は80ページにでています。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-11-13 16:20 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by 板橋の腰痛患者 at 2010-11-13 19:46 x
先生日頃お世話になっております。たったいまアマゾンで注文しましたが、発売日がまだらしく予約注文となりました。
痛点ほぐしとは、いかなる方法ですか?
雑誌が売れなくならから話せないですよね(笑)
非常に興味あります。
Commented by 板橋の腰痛患者 at 2010-11-17 18:38 x
先生!雑誌読みました。
テニスボールマッサージとTPBだけの内容でした。
ちょっと存した気分です(笑)

今後ともよろしくお願いします。
Commented by 板橋の腰痛患者 at 2010-11-17 18:41 x
変換ミスしました。
損した気分です(笑)

しかし、雑誌全体としては統一感がないですね。
それぞれの有識者の考えの寄せ集めのような感じを受けました。
先生のブログ、HP、本で十分だと思います!

Commented by ワシ at 2010-11-22 22:17 x
関連病院は、当たりハズレがある。
それに対しての指導や勉強会?等、行っていないのですか?高い交通費かけて行って、ハズレのクリニックだと、意味がありません。


<< 痛みの「損傷モデル」は失敗でした      慢性痛元年 >>