2010年 12月 18日

変形性関節症の電話支援、疼痛を中等度改善

http://www.annals.org/content/153/9/570.abstract

変形性膝関節症または股関節症患者515人を対象に、月1回の電話による自己管理支援の効果を無作為化試験で検討。通常ケア群・電話支援群との比較で、12カ月時点のAIMS-2疼痛スコアの平均が0.4・0.6、VAS疼痛スコアの平均が1.1・1.0低下した。著者らは電話支援でも疼痛の中等度改善が得られたと結論している。
痛みとはそういうものなんですね。

医師が画像を見せて不安をあおれば痛みは強くなり続きます。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-12-18 23:32 | 慢性痛 | Comments(0)


<< MPSを知らない医師たちは・・・      脚に力が入らない >>