心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 09日

触診について

2ch

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1292229329/

545 :オーソゴニスト

そんなけ言うのならば、石川のオッサンの触診を見たか?そこら辺の三日漬け背痛い屋でもあんな雑な触診はせんがな。


先日の線維筋痛症のビデオを見てのオーソ氏が書きました。

反論するのも大人げないですが、ちょっと言わせていただきます。

あの患者さん(線維筋痛症)の場合は全身の筋肉がかまぼこ状になっていて、全部が圧痛点です。そういうことが多いのです。

だから再診のときはそんなに熱心に触診をする必要がありません。ざーっとでいいのです。

全身を丹念に触診できませんし意味がありません。

医師は短時間で多くの患者さんを診なければいけないことが多く、あの時も3人同時に治療していました。

触診の丹念さもケースバイケースです。30年もやっているのです。上手か下手かは分かりませんが、注射のあとは症状の軽快を確認しています。

圧痛点なのかトリガーポイントなのかそんなことはどうでもいいのです。

患者さんが楽になったかどうかを確かめればいいのです。

一般にトリガーポイントというより、ゾーンになっていることが多く、ありがたいことに注射の場合はそんなに厳密にする必要はありません。

だれにでもすぐにできるようになると思います。マニアックな手技ではありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2011-02-09 23:05 | 線維筋痛症 | Comments(3)
Commented by ペインクリニシャン at 2011-02-10 15:43 x
こんにちは。
線維筋痛症のビデオってどれですか?
先生が写ってるのかな〜?


Commented by junk_2004jp at 2011-02-10 17:25
1月19日のブログです。

FMを診るのは大変ですね。
Commented by ペインクリニシャン at 2011-02-11 01:17 x
お〜登場してましたね^^

2chを見ると「オーソゴニストなど整体屋の書き込み、質問は禁止です。」って書いてありますね〜〜

あんまり相手にしない方がいいですね。











<< 鍼灸・柔道整復師より      痛み疾患のエビデンスは永遠に不可能 >>