2011年 02月 26日

白い巨塔のDon Quijote

b0052170_1541852.jpg


特に日本では医療における痛みについての卒前・卒後教育がほとんど行われていない。そのため、急性痛と慢性痛の違いさえほとんど知られていない。


慢性痛を知るには急性痛のメカニズムを知らなければならない。

ところが、大学ではそういう教育をほとんど受けない。

それどころか、椎間板ヘルニアだとか脊柱管狭窄だとか軟骨変性が痛みの原因だと教えられる。

医師は真面目に勉強して、手術の技術を磨いてきた。

しかし、現在は慢性痛に悩む人があふれている。

過去の歴史を検証し、反省することは反省して、新たに出発しなければならない。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-02-26 16:09 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by テニプリ at 2011-02-27 20:35 x
- 最上の命医- より、[道具を安易に信じてはいけない、CTやレントゲンがいい例だよ。道具を信じる、薬を信じる、仲間を信じる、それも大切なことだけれども、だから自分は悪くないと言う責任のがれにもなる。自分を信じて、自分に責任を持つ。それが一番大事なこと。]
これは、治療者の方はもちろん、患者側にも言えることだと思います。
Commented by junk_2004jp at 2011-03-01 13:25
ある指導医のHPをみた感想を書きました。
患者さんは肩書や手術件数で判断されることでしょう。

一生懸命にやっていらっしゃるのだろうと思いますが、ドンキホーテなんですよね~。


<< リリカ      海外の事例から考える慢性の痛み... >>