2011年 03月 08日

しびれ

異常知覚(ジンジンする)と知覚鈍麻(感覚がにぶい、無感覚)

両方とも「しびれ」という言葉で表現されることが多い。そのために誤解を生んでいる。

b0052170_181244.jpg


この患者さんは親指と薬指の先のほうがしびれているということで受診されました。

頚痛や頭痛もあるということです。

頚からきているといわれています。

「しびれ」についてお聞きすると

拇指の先の方は「感覚が鈍い」、「薬指の先はジンジンした感じで、楽なときもある」ということでした。

前腕の屈側にあった圧痛点をブロックすると、薬指のしびれはすぐに改善しました。これはMPSです。

一方、親指の方は、よく見ると、拇指球のあたりの筋肉に萎縮がみられます。これは神経原性の筋委縮です。

正中神経が手首のあたりで絞扼されている可能性があります。

正中神経の末梢での絞扼性障害による知覚鈍麻が拇指先にあるということになります。数年前からこのような状態なので、神経をフリーにしても回復する可能性は少ないのではないかと思います。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-03-08 18:20 | 痛みの生理学 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2011-03-08 19:19 x
 こんばんは。いつもありがとうございます。
先生、おいら これです(きっぱり)。
薬指のしびれは両方の手指にありますが、左手がとくに強く
痛みます。でもいまは 辛抱できる範囲ですが・・・。
またの機会には よろしく お願いしますm(_)m


<< 医師の言葉・態度はとても重要      人それぞれ >>