心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 24日

顎関節症

いつからか、だれかが言った説が流布されると治らない人、治癒に難渋する人が増えてくる。そのよい例が顎関節症だ。私はインターネットをするようになって、この疾患に歯科が絡んでいるという現状を知った。

顎関節のかみ合わせの不整、半月板の異常というような関節の構造が原因だと思いこんでしまうことが治らなくなるスタートだ。これは単に医者の思いつきにすぎない。老人には極めて少ない、ある日突然発症する、適切な治療ですぐに治る、これらの理由で関節の構造が原因だなんて考えもおよばない。

圧痛点に1ml弱の局所麻酔を極細の注射針で注射してやるとその場で治る。関節の中に注射しなければならないというような野暮な考えを持たないことだ。レントゲンの必要もない。マッサージや鍼でも同じ効果が得られることと思う。

病名を変えるべきだ。関節症ではない。「緊張型下顎部筋痛」でいいのではないか。肩こりや緊張型頭痛、50肩の治療となんら変わらない。病名を変えることによって、医者の意識も変わってこよう。

筋骨格系にはこのようなあやしげな病名(なんちゃって病名)が目白押し、すべり症、分離症、ヘルニア、脊柱管狭窄症、繊維筋痛症。

病名からは痛みなのか麻痺(神経症状)分からない。痛みの病名は「非特異的○○部痛」「緊張型○○部痛」で十分だと思う。そのほうが医者の考え方の変化が期待できるし、治療の簡素化、効率化が期待できる。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-12-24 01:50 | 慢性痛 | Comments(6)
Commented by sansetu at 2004-12-24 11:23
先生の仰る通りです。通称顎関節症は鍼灸・整体系の筋アプローチで普通に治ります。しかも患部から離れた手足や背中の経穴に刺激を加えるだけでも治りますから、関節の構造には一切関わりないことがこれで証明、いや反証できるわけです。
Commented by junk_2004jp at 2004-12-24 12:31
つまり、治癒体験談をいっぱい集めて、そこから逆算するようにしてすべてのケースに公平に理にかなった病態を考えればいいのですね。
Commented by elly at 2004-12-26 16:59 x
先生こんにちは。エリーです。クリスマス休暇から帰ってきました。
私、顎関節症だったんですけど、患者としての経験からいうと、あれって関節の異常より、自分でもどうしてかわからないチック症のような食いしばり発作が問題なんですよね。あれが治らないと注射も繰り返すことになるかも(?)しれないけれど、あれがなくなると極端に言えばなにもしなくても数日で治る、とわかったので、私は、あの病気は歯科ではなくて精神科で見るべきだ、と思っているんですけど。。。今思うと、首もあごも緊張がとれないあの発作のような食いしばり、力が入ってしまう痙攣のような感じが一番苦しかったです。
うまく説明できないんですけど、あの感じはどこで治療するのが一番いいんでしょう?日本のクリニックでは、ペインクリニックも精神化も整形も歯科も、なんだかちょっと違う気がするんです。。。
Commented by 加茂 淳 at 2004-12-26 17:35 x
早期に適切な治療をするとすぐに治ると思います。これは50肩でもそうです。慢性化、習慣化するとやっかいになりますね。
何科でもいいですが、私なら、トリガーポイントブロックと睡眠前に安定剤を処方します。もっともそんなにしばしばある疾患ではないですが。
Commented by elly at 2004-12-26 18:34 x
早期発見、早期治療が問題なんですね。私の場合は、安定剤は中毒になるほど飲んでいましたが、抗不安剤はもうそのときには効果がないほど症状が進んでいました。チックのように長い経過になるとやっかいなんですね。
あれでやっかいなのが、最初は歯をちょっと食いしばって肩がこっているだけなので、患者のほうに相当ひどくなって顔に痛みが出てくるまで病識がないんです。うつ病と同じで、なかなか本人に病識が持てない気がします。
自立神経系のディスオーダーって、うまくデリートできるとあっさり鮮やかに治ってしまうけど、なかなかそのデリートキーが見つからない、本当にソフトの故障という言葉がぴったりな感じで難しいです。
Commented by 加茂 淳 at 2004-12-26 19:15 x
ケースバイケースだと思いますが、単発的なこと、たとえば、数日前から肩(顎)が痛い、(私はこれは同じ病態だと思います)これを治すのは簡単なんですが、それが半年前からというと人それぞれですので、すぐ治る人もいれば、時間がかかる人もいます。そこは治療者の腕のみせどころになると思います。とにかくメンタルなことが問題なんですが・・・、だからといって精神科なら、ほとんどの病気が精神科になってしまいます。50肩も精神科・・^^。何科の医師も心身も診るということです。


<< 線維筋痛症      神経学的検査 >>