2011年 03月 31日

脊柱管狭窄症というばかげた診断

健康雑誌「わかさ」に取り上げられてから、脊柱管狭窄症と診断された高齢者が受診することが多い。

「私はふくらはぎが痛いといっているのに医者は腰からきているという。MRIで、腰椎の*番目と*番目の間が狭くなっているのが原因だという。

私はへんなこというと思ったが、医者がいうことなのだから、そうなのかなとも思っていたが、「わかさ」を読んで、納得しました。やっぱり私の思っていたことの方が正しいと分かってよかた。」

このようなことを言う患者さんが何人もいる。

医者よりも患者さんのほうが正しいわけだ。

ほとんどの医者は痛みについて正しい教育を受けていないのだ。

このばかげた診断をいつまで続けるつもりだ。

ある神の手・医師の書いたものをみると、健常な高齢者でも6割以上に脊柱管狭窄が見られるとのこと。

では、下肢痛が脊柱管狭窄が原因かどうかを知るには、神経根ブロックをすればよいとのことだ。

効けば、脊柱管狭窄が原因だと言えるとのこと。

あきらかにおかしい。

効いたのなら、その神経根の支配領域のあるところから痛みの電気信号が来ていたということだ。あみだくじが当たったということ。

そして、神経根ブロックが効かなかったら「心因性疼痛」だとのこと。

おそろしや、おそろしや。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-03-31 08:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by MPS at 2011-04-02 12:04 x
最近、神の手が多いですね〜〜
Commented by junk_2004jp at 2011-04-02 15:35
神の手以前のこととして思考できる脳味噌


<< 第1回慢性の痛みに関する検討会       麻痺と痛み・しびれ >>