2011年 04月 04日

第1回慢性の痛みに関する検討会 

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/txt/s1210-10.txt


これからは「慢性痛」をどう克服するかが焦点となる。

急性痛は比較的簡単に除痛できる。

急性痛のうちに痛みを取ってしまうことだ。

患者さんは何を信じようが自由だ。

しかし、医師は医学的真実に基づかなければならない。

神経が圧迫されているから痛い、軟骨や椎間板や半月板が傷んでいるから痛い、骨棘が神経を刺激して痛いなんていうことは科学的事実に基づいたものではない。

なんとなく、昔からそう言ってきたという程度なのだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-04-04 22:12 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 痛みの診断と治療      脊柱管狭窄症というばかげた診断 >>