心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 27日

第7回MPS研究会

b0052170_738552.jpg


第7回筋筋膜性疼痛(MPS)研究会

日時 : 平成23年5月28日(土曜)午後6時45分より
会場 : 「すみだ産業会館」 会議室4 (東京都墨田区江東橋3-9-10)
03-3635-4351
     JR総武線、錦糸町駅南口前(徒歩1分)
     http://www.sumidasangyokaikan.jp/

「筋性疼痛の理解に向けてー筋痛モデル研究から見えたことー」

     
        中部大学教授
        名古屋大学名誉教授  水村和枝 先生


b0052170_749627.jpg


日本整形外科学会の教育研修会に登録してあります。専門医の単位になります。参加歓迎します。

若いドクターたちに・・

慢性痛のほとんどはChronic Myofascial Pain (CMP)です。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の坐骨神経痛、変形性関節症、肩関節周囲炎、上腕骨外上顆炎、胸郭出口症候群、神経根症、すべり症、椎間板症、半月板障害、たな障害、腱板損傷、額関節症などといわれているものの痛みの本態は筋性疼痛です。

早期に治療することが慢性痛になるのを防ぎます。

非常に多く存在する慢性痛は「医原病」の可能性もあります。早期に的確に診断しないで、かえって慢性化を助長するような医療が行われていないでしょうか。



[PR]

by junk_2004jp | 2011-04-27 07:45 | MPS | Comments(2)
Commented at 2011-04-28 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-08 09:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 五十肩と腱板損傷      「慢性痛」ブームが訪れるかも >>