心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 13日

医師は手術をしたくなるが、これは痛みの原因ではない

b0052170_18262847.jpg


b0052170_18265698.jpg



スミスチのームは腰痛患者を対象としたX線やMRI検査も問題視している。

腰痛には無関係な異常を見つけるだけに終わることが多いためだ。

40歳以上の成人の8割には、腰の部分に膨らみなどの変形が見られる。

医師は手術をしたくなるが、これは痛みの原因ではない。

こうした「異常」がCTやMRIに現れても、腰痛と結び付けることにはほとんど意味がない。

大半の腰痛は筋肉の緊張などによるものだから、画像では原因は分からない。たとえ手術をしても、その効果は市販薬や運動や体を休めることとほとんど変わらず、手術だけは大きな危険を伴う。


腰の部分に膨らみなどの変形が見られる=ヘルニアのこと

痛みやしびれのX線、MRI、CTなどの画像診断は、悪性腫瘍、感染症、骨折など明らかな外傷、リウマチおよびリウマチ類似の炎症性疾患の検査の意味しかありません。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-06-13 18:18 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 患者さんからの手紙      ヘルニア神話 >>