心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 16日

悲しき整形外科医

整形外科医の本職は骨折などの外傷の修復です。これだけは他科の医師には譲れないところです。

これだけでは仕事がないので痛み疾患に手をだしてしまいました。

はっきり言って、痛みに関してはド素人なんです。あるいはそれ以下かもしれません。

なにも教育されていないのです。いや、間違った教育を受けているのです。

私のところに、毎日のように電話での問い合わせがあります。

「脊柱管狭窄症と言われているのですが、整形外科に通っているのですが一向によくなりません。内科の主治医は、整形はだめだから麻酔科に行けといいます。」

という電話がありました。以前にもありました。他科の医師からバカにされているのです。

患者さんや代替治療家の中にも「整形は治らない」と言い放つ人もいます。

私が代替治療家なら大病院の門前で開業しましょうか。大病院では検査はしますが治るわけではないのですから。

整形外科では患者に引導を渡すような診断をします。

「軟骨が減っているから痛いんだ。」

「脊柱管がせまくなって神経を押さえているから痛いんだ。」

これでは身も蓋もありません。そんならどうすればいいのだ。

「手術したら治るのか」→「まだ手術するほどではない」

「手術をしてもよくならない」→「長い間圧迫を受けていたから」

どうせ電気あてて湿布とお薬。

カルテに書く病名も保険診療用の病名で本態を表すものではありません。

な~んちゃって病名の羅列です。

炎症でもないのに「肩関節周囲炎」「上腕骨外上顆炎」「アキレス腱周囲炎」

どこかが痛ければ、「坐骨神経痛」「変形性膝関節症」「変形性脊椎症」「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」「すべり症」

新薬がでればその適応症に合わせた病名を書く。

病名を記載するだけで疲れます。

保険点数も間違った疾患概念の枠組みの中で設定されているのです。

その間違った枠組みにうまく合わせるように工夫しなければなりません。

私のところの患者さん、1回の受診で、肩痛、腰痛、膝痛、耳鳴り、手のしびれなんて訴える人なんてざらにいます。

適当な保険病名をつけて、こなしていくほかありません。ほんのわずかな収入のために。

おまけに、労災や交通事故といった保障問題も絡んでいることがしばしばあるのです。

この分野も例のごとく間違った概念が幅を利かせています。

疼痛を訴えている患者の問い合わせに「神経学的検査」「画像診断」「経年性変化」を聞いてくるのです。

そんなこと聞いてなにするんや(笑)。

神経学的検査は神経麻痺がある時の検査です。麻痺があるのなら麻痺があるといいますがな。

画像診断でなにが分かるのでしょうか。歳をとっていたら痛いんか?

「事故だけど自分の保険で診てくれ」「注射はいやだ。」「いつになったら治るのだ。」・・・「はいはい」

それから・・・

せっかく苦労して習得した痛み疾患の脊椎外科手術も否定される運命にあるのですから。

踏んだり蹴ったりです。

悲しき整形外科医の愚痴を書きましたが、もっと悲しいのは痛みの難民となった患者さんです。

厚労省は本腰を入れて、整形外科医にも患者さんにもハッピーになるような枠組みを作る必要があります。

まずは病名の整理から。

痛みなのか麻痺なのか。

急性なのか慢性なのか。

皆さんは不思議に思うことでしょう。私がいつもこのブログで暴露している整形外科的、あるいは脊椎外科的診断のまずさをどうして他の整形外科医がいわないのか。


[PR]

by junk_2004jp | 2011-06-16 02:07 | Comments(5)
Commented by ひつまぶし at 2011-06-17 22:43 x
先生、なぜか要所要所に関西弁が入ってますね(^^)

>どうして他の整形外科医がいわないのか。

1.実は加茂先生の言うとおりだと内心ひそかに思い、ビール片手に加茂先生のブログを読んで溜飲を下げている。「まだなまぬるい、もっと言ってくれ~~」と画面のむこうから声援すら送っている
2.従来の教えを少しはアヤシイと思い始めているが、処世術でとりあえず今のうちはまだなりをひそめ無言を貫こうと思っている
3.従来の教えになんら疑いを持つ余地は無いと信じ、異を唱える加茂先生を徹底して無視しようとている
4.患者の反応を察することにうとく、今何が問題になっているのか想像すら及ばず、今の状況に不都合を感じたことがない

ファイナルアンサー★ こんな選択肢、いやっ。
Commented by 星降る子 at 2016-01-16 01:54 x
私は左腰の痛みで大阪市の厚生年金病院で画像検査や問診や診察を受けました。画像的には左の腰椎の4番5番の神経根への軽度の圧迫だと言われました。富士部長という名医からです。一度、左側にブロック注射を研修医に命じられました。左足の外側のつっぱり感が緩和されました。麻痺は全く無く、歩いて通院していました。研修医の独断で、左神経根への圧迫は赤ちゃんレベルの軽度だから
ペインクリニックと心療内科医へ紹介状を書くからそっちへ行けと言われました。心療内科医の医師は投薬して観た結果、『あなたは整形外科的に実際に痛みがあるのです。心は正常です。』と言われ、他のペインブロックのクリニックで数回ブロック注射を受けました。
Commented by 星降る子 at 2016-01-16 01:56 x
かなり軽快しましたが、左腰の痛みが完治とならなかったために、関西労災病院の整形外科の大和田哲雄医師を受診しました。平成18年9月です。2回の診察で 画像的には神経の流れはとても良好だと言われました。しかし痛いんだったら手術だと言われました。入院申し込みをして帰れといわれました。同年12月22日に手術を受けました。大和田医師は『画像から問題なくても開けてみんと分からんこともあるからな、手術や。』と言われて、痛みが取れると思っていたら、手術は5時間半もかかり、目が覚めた時は腰骨や臀部や背部や下半身に鋭い痛み、抉るような痛み、電気が流れるような痺れ、両太腿を触ってみたら近くが消失していました。腰が曲げられず、下の方までは自分で触れませんでした。大和田医師は全く触らずです。主訴しても。手術直後、ドレーンが60ccで乾いており、別の医師が背部の縫合不全を縫い直し、多数カット(8カ所)を発見され、走って大和田医師に連絡されました。しかし大和田医師は「ドレーンから血が出てないから、内部で血餅が出来ていることは確かやな、だから症状がキツイねん。この手術(セクスタントR 固定術・・術前説明では全くこのことは説明無しでした。)は大手術やねん。もっと血が出るはずや。今夜中に再手術するかもしれん。」と言って夕方には帰宅されました。
Commented by 星降る子 at 2016-01-16 01:57 x
何かあったら呼んで、と言われていたので、5時間後、地獄のような症状の中、大和田医師へ緊急コールをお願いしました。しかし大和田医師は来ず、研修医が夜中に来て、点滴増量だけをしました。血腫の検査方法は無いのか質問しましたら、無いと返事がありました。徐々に運動麻痺も酷くなり、右足は下垂しました。麻痺したまま、リハビリ室に車椅子で2日間運ばれました。トイレでも自分で立てませんでした。補助バーを両手で持っていることが精一杯で下着の上げ下ろしも出来ず、ナースコールをして助けてもらう状態でした。結果的に7日目に大和田医師が来て、MRI検査などっで血腫を除去しましたが、チタンスクリューも2本逸脱し、神経煮当たっていたことも隠してありました。チタンロッドの刺入部位も胸椎付近に刺され、腰椎45番から離れ過ぎて、骨に突き刺さり、途中で背部を切り開き、手動でロッドを動かした様子でした。大和田医師は横向きのCT画像を出して
「チタンは綺麗に骨に入っているし、問題無い。血腫も除去したからもうどこも悪いところは無い。』と退院させようとしました。入院中、車椅子で家族が他府県に連れて京大系の医師に受診。
チタン逸脱、血腫放置の時間の長さ(144時間放置)などを話されました。他にも複数の病院の神経内科の針筋電図などの検査を受けて、麻痺がデータ付きで出ました。私の腰椎は辷り症と書いてありましたが、辷り角度も距離も計測してありませんでした。他の医師に計測してもらったら、固定術など不要な程度だと言われました。
Commented by 国松 at 2016-01-17 09:29 x
 おはつにお目にかかります・・・?
それ たぶん おそらく 必ず TP注射で治るとおもいますねんけど・・・

もひとつ 自分でもできるのが ありますぜ・・・Vの字に両手を上げて身体をうしろにそらすだけです。

ちからは いりまへんで、 よわいちからで ゆ~っくり やるのが いいみたいです。

これだけで おいらの嫁さんの腰痛が うそみたいに 治りました  m(__

)m  


<< むちうちはMPS      患者さんからの手紙 >>