心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 21日

慢性疼痛

最近は慢性疼痛の薬が次々と保険適応を取って出回ろうとしている。

デュロテップパッチ、リリカ、トラムセット、ノルスパンテープなど。

また抗うつ薬や抗てんかん薬、局所麻酔なども積極的に痛みの治療に使われつつある。

製薬会社によって、医師の勉強会が行われているが、講師は整形外科の教授が多いようだ。

従来のヘルニア、脊柱管狭窄症が痛みの原因になると言ってきた方々だ。

もしそうならば、慢性疼痛になるのを防ぐためには積極的に早期に手術をして神経の圧迫を除くべきなのだが。

手術によってかえって悪化したり慢性痛になったりするケースも少なくない。

この矛盾をどう説明するのか興味あるところだ。

http://www.dailymotion.com/video/xglo34_yyy-1-3_lifestyle

http://www.dailymotion.com/video/xglo5i_yyy-2-3_lifestyle

http://www.dailymotion.com/video/xglpg0_yyy-3-3_lifestyle


慢性痛にならないように、早期に痛みを遮断すべきなのです。

ヘルニア、脊柱管狭窄、すべり症、軟骨変性・・・急性痛のときにこのような診断をして、「様子をみましょう」「湿布とお薬」「電気をあてる」このような診療をするから慢性痛になる可能性が増えるのです。

構造と痛みは別の問題でそれぞれ別々に考えるべきなのです。

骨折の治療と痛みの治療はそれぞれ並行して行うべきです。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-06-21 13:19 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by 慢性疼痛 at 2011-06-21 18:18 x
慢性疼痛でお聞きしたいのですが、
私は酷い痛みはありませんが、
感覚が鈍い状態が何年も続いています。
医者にはヘルニアと診断されています。
他にペインクリニックでブロック注射を受けています。
動かす分は問題有りませんが、
どうしたら改善するかと思っています。
圧痛点もそれほどの痛みのある場所は見当たらないのです。
これは慢性疼痛でしょうか?
加茂先生のところに伺っても短期的には治癒は難しいですか?
Commented by junk_2004jp at 2011-06-21 18:57
感覚が鈍いというのはMPSでも起こります。

痛みがあるのですね。

難しいご質問です。これだけではよくわかりません。
Commented by 慢性疼痛 at 2011-06-21 20:20 x
有難う御座います。
今はブロック注射と投薬で悪化しないようにするのが、
精一杯の状態です。痛い片足だけ冷え性なのも辛いです。

感覚が鈍いというのはMPSでも起こるという事ですが、
TPBも打ってもらっていますが、最近は足全体の症状と
いう事でブロックばかりになってます。

変なご質問ですいませんが、
ヘルニアが坐骨神経を圧迫する事によって、
神経の伝達速度が遅くなって、
感覚が鈍ると感じてしまう場合はあるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2011-06-21 20:26
ありません。

それならブロックするということは、不合理ですね。

冷え症もMPSでみられます。動脈の流れが、圧迫を受けるため。


<< 医師はユニコーン(架空の動物)を探す      傷んでいるから痛いのではなく・・・ >>