心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 01日

椎間孔狭小による神経根圧迫で何が起きる?

椎間孔狭小→神経根圧迫、で思いだすのはXジャパンのYOSHIKIさんのことだ。

http://junk2004.exblog.jp/11638170/

重度の「頸椎椎間孔狭窄(きょうさく)症」と判明。変形した骨が手足の神経を圧迫しているといい、現地で頸椎椎間孔の切除手術を受けることになった。


http://junk2004.exblog.jp/11790231/

術後の状態は「ペットボトル程度のものしか持てない」といい、医師から「今後ドラム演奏は100%の状態では、無理」と言われたという。


このケース、本当に神経麻痺なんだろうか?このようなケースでの神経麻痺は見たことも聞いたこともない。

神経線維は傷つけられたり、締め付けられたりすると麻痺が生じる。

b0052170_0201097.jpg


(A)この写真は上腕部でとう骨神経を切断したのであろう。

特徴的な神経原性筋委縮がみられる。

知覚は完全麻痺なら脱失、不全麻痺なら鈍麻。

痛みやしびれはない。

b0052170_0231620.jpg


(B)この写真は肘のところで尺骨神経が絞扼されて尺骨神経麻痺が生じている(肘部管症候群)。

特徴的な神経原性筋委縮がみられる。

知覚は完全麻痺なら脱失、不全麻痺なら鈍麻。

痛みやしびれはない。

(A)(B)いずれも痛みやしびれはないのだが、損傷した神経の中枢部が触覚神経などと発芽により交通すると痛みやしびれが生じるようになる(CRPSタイプ2)。難治性の疼痛で外科的な治療法はない。

では椎間孔のところで、このような神経麻痺が生じることがあるのだろうか?

「引き抜き損傷」といってバイクで転倒などで受傷、分娩時にひっぱって生じる分娩麻痺がある。いずれも稀。

ヘルニアや椎間孔の狭小でこのような末梢神経麻痺が生じた症例を見たことも聞いたこともない。

たぶん神経根は圧迫を受けているだけで絞扼(締め付けられている)されているのではないのだろう。

極めて稀だが馬尾症候群はヘルニアによる末梢神経麻痺だ。これは急激に大量の髄核が飛び出て馬尾神経(末梢神経)を絞扼するのであろう。48時間以内の手術が必要。



脊椎外科医の最大の欠点は「痛み・しびれ」と「神経麻痺」の区別ができないことだ。

痛みは神経が電気活動をしている、麻痺は電気活動をしていない。

マジッスか!ペインクリニック殿 「頸椎症性神経根症」

神経根症という概念がバカげているのがおわかりであろう。

神経根のところで痛みが生じるなら絞扼性神経障害としなければならない。それだけなら麻痺なんだ。それに発芽でCRPSタイプ2になった。それが保存的治療でよくなる。よくならない場合は手術。


このようなことはあり得ない。

私はYOSHIKIさんはMPSだと思っている。

b0052170_21559.jpg


このようなレントゲンはなにもめずらしくはない。この方は寝違いで来られてすぐによくなりました。

この方が、頚が痛い、手がしびれるといったら「神経根症」と診断されるのです。



CRPSタイプ2

CRPSタイプ2とは明らかな神経損傷を伴った難治性疼痛。つまり神経麻痺があるために特徴的な神経原性筋委縮を呈する。

先日の掲示板より

私の主人は、京都市内の個人病院で、手術を行いCRPSⅡを発症して現在は両下肢麻痺で寝たきり状態です、私自身もこの病気の事は無知でしたが若干でも、疼痛が軽減出来、昔の主人になってもらう事を願っております。


とても心が痛むケースだ。医師は痛みのメカニズムをしっかり勉強してこのような辛いことが起きないようにしなければならない。





[PR]

by junk_2004jp | 2011-07-01 00:04 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
Commented by 五藤 at 2011-07-04 19:00 x
先生こんばんは。
皇室から使者が来たり、お呼びがかかるといったことはありませんか?
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011070401000771.html
伝統の世界ですからねぇ・・・
Commented by junk_2004jp at 2011-07-05 00:11
こんばんは。あら、皇后さまが・・・おかわいそうに。

そういえば以前に失語症をわずらっていらっしゃいましたね。
Commented by 五藤 at 2011-07-05 07:22 x
おはようございます。
やはり伝統のプレッシャーですか?
慣れるということはないのでしょうか?

良き伝統は残さねばなりませんが、
悪しき伝統は一刻も早く駆逐すべきですがねぇ・・・
こっちは慣れ切っちゃたというか慣れ合っちゃったというか(苦笑)
Commented by タク at 2011-07-06 22:05 x
皇后さま。きょうのニュース映像。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4769153.html

皇后さま。6年前、頸椎症との診断。
http://www.youtube.com/watch?v=dkZnLySgE5s&hd=1
Commented by 五藤 at 2011-07-08 20:40 x
先生、タクさんこんばんは。
タクさんいつもタクさんの(!?)的確な情報ありがとうございます。

お労しや皇后様、不憫であらせられまする。
(ことばづかいあってるかなぁ?)
宮内庁に加茂淳先生の存在を知らしめる方はないものか?
どなたか、良い知恵をお出し下さい。
これも一つの国難?
どなたか、どなたかぁ~~~
Commented by タク at 2011-07-09 00:09 x
こんにちは。後藤さん。
お褒め頂くような別に大した事ではありません。後藤さんの情報を元に健作ちゃんしただけですから。汗。
後藤さんのおかげです。

在京のテレビキー局はHP上にニュース動画のサイトを持ってますし、YouTube上にもあります。

ので、最近、本当にテレビ見なくなりました。アナログ放送終了しても大丈夫な感じです。汗。


>宮内庁に加茂淳先生の存在を知らしめる方はないものか?

まあ、無い事もないんですが、加茂先生が忙しくなったり、有名になりすぎて患者さんが、わんさか増えて、加茂先生が大変になってしまうのが、何とも難しい所です。

これは、既に先生が公開されてる事なので、ここでご提示するのは問題ないと思いますが。
皇后様のご健康、加茂先生お忙しさ、他の患者さん、また、繋がりの方のご都合。凡人の私はとても判断できません。
よく読むと繋がりが…。
http://junk2004.exblog.jp/8155412/
Commented by 五藤 at 2011-07-09 03:59 x
さすが健作王タクさん!

これ読んだのを思い出しました。
鉄壁の三遊間!
ん~、とするってぇと、
このサードが独立リーグで活躍する元チームメイトのピッチャーの存在を思い出し、
大リーグで活躍するショートに連絡を取り、
ショートがコーチに耳打ちし、
コーチが監督へ進言し、
スカウトマンが飛んでくる、と。
こういう図式になるわけですね。

しかし、タクさんおっしゃるように、今以上に先生がお忙しくなるのは、
私も賛成できませんね。

いわゆる一つの国難を救うか、
病に苦しみ、今日も駆け込む庶民を救うか・・・

しかし、国難を救えば、
先生のお考えが血気盛んな「損傷モデル」推進派に引導を渡すことになり、
「構造の変化」に洗脳されているアンポンタン達を駆逐し、
「生物・心理・社会的医学モデル」が台頭することになり、
更に多くの悩める庶民を救うことにつながるかも・・・

難しい選択です。


<< 相いれない理論を説く      ヘルニアが原因ではありません。... >>