2011年 07月 02日

相いれない理論を説く

脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアが痛みの原因だという人が「慢性痛」の講演をするというのはイッタイどういうことなのか。

整合性がない。

急性痛は組織損傷に対する警告。

慢性痛は警告の意味がなくなった痛みで、痛みそのものが治療の対象。

____

脊柱管狭窄症の急性痛、脊柱管狭窄症の慢性痛というような言い方をするのだろうか?

脊柱管狭窄症の急性痛のメカニズムはどうなんだろう?

脊柱管狭窄症の急性痛を治すにはどうすればいいのか?

脊柱管狭窄症の慢性痛のメカニズムはどうなんだろう?

脊柱管狭窄症の慢性痛を治すにはどうすればいいのか?

脊柱管狭窄症の手術はどちらを対象にしているのだろうか?

急性痛を対象にして手術をするのか?慢性痛を対象にして手術をするのか?


しばらく歩いたら痛みやしびれがでてきて、休んだらおさまる(間欠性跛行)。

後ろへ反ったら痛いが前屈みで楽になる。

こんなのが神経症状だと思うか?全くセンスがない。

五十肩の人が重い鞄を持っていたら、腕がしびれて痛くなった。持つのをやめたら楽になった。

腕を挙げると痛いがおろすと楽になる。

これと同じことだろ。こういうのを神経症状だと思うか?

b0052170_1205270.jpg


脊柱管サポートツール

b0052170_1214868.jpg

馬尾型は、自覚的には下肢、臀部および会陰部の異常感覚、膀胱直腸障害、下肢脱カ感や性機能不全を訴え、疼痛はない。他覚的には多根性障害を特徴とする。たとえぱ、責任高位がL4/5椎間である場合には、第5腰神経根以下の多根性障害を呈する。

神経根型は、自覚的には下肢の疼痛を主訴とする。他覚的には単根性障害を特徴とする。この型の脊柱所見や自覚症状は単一神経根ブロック(両側例を含む)で一時的に消失ずる。


b0052170_1221556.jpg

混合型は、馬尾型と神経根型の合併型で、下肢の疼痛は単一神経根ブロックで1時的に消失ずるが、他の症状には何らの変化も起きない。


馬尾型は麻痺、根型は疼痛・・・・

麻痺とは神経線維が電気活動をしないということ、疼痛は神経線維が電気活動をしているということ、なぜ圧迫の部位が違うと生理学的に真逆のことが起きるのか?

混合型とは神経線維が電気活動をしているのかしていないのか?

全く信じられない。

b0052170_12284048.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2011-07-02 21:14 | 慢性痛 | Comments(5)
Commented by ひつまぶし at 2011-07-03 20:58 x
「こういうテーマでお願いします」と講演の依頼をする人もスゴイけど、依頼を受けて講演する人もスゴイ。
そしてそれを聞きに行って納得する人もスゴイ。
みんな、スゴイ。
Commented by タク at 2011-07-03 21:52 x
政治家や、会社の経営陣。
そーいう人だから偉くなれるんでしょう。聞いてる人判ってないのでは?単位だけ取りに来てる人。

地方の勤務医の先生が病院の出張費で東京の学会に来て、午前のセッションだけ聞いて、家族も呼んでおいて午後はディズニーランド行くんだって。そーすbyうちの先生。
Commented by boribori at 2011-07-05 08:28 x
午前中のセッションにちゃんと出るなんて真面目な先生ですね。受付だけして帰る先生や、会場に行くことさえしない先生もいますから。
整形外科の学会なんてほとんどが「手術したらうまく治りました」的な発表ばかりで、あまり聞く価値ないんですよ。
手術してもうまく治らない患者さんを考察して、なぜ治らないのか?そもそも手術が必要なかったのではないか?みたいな発表が増えれば学会も出る価値があるんですけどね。
Commented by ひつまぶし at 2011-07-05 19:54 x
boribori先生★
>手術してもうまく治らない患者さんを考察して、・・・
そういう発表が無いのは、「あいつ、失敗してやんの^^;」って同業者に思われるのがイヤだからでしょうか。
それとも、お医者さんというのは「失敗などあってはならぬ」職業なのでしょうか。
「心因性」に分類して失敗のうちに含めなければ、失敗は限りなくゼロに近いから、発表しようにもサンプルが無いですね。
でも。
だったら、最初から心因性だと見抜けなかったのかな。
いつから心因性に変身するのかな。(・_・)
Commented by タク at 2011-07-05 22:42 x
2.診断サポートツールの意義
http://ds-pharma.jp/medical/ebiz/prorenal/seminar002/Seminer_1.html


<< Failed Back Sur...      椎間孔狭小による神経根圧迫で何... >>