心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 07日

皆さん、これが現状の診断、治療なんです。これでいいでしょうか?

病院ですべり症、脊柱菅狭窄症と診断されました。今は痛み止めと湿布のみで、痛みがひどければ手術もありと云われました。

5月X日、掃除機を持った際痛め、様子見病院に行き、一週間ぐらいで歩けるようになりました。違和感はまだあったのですが、無理をおして、義理事のため北海道に行き、悪化して一歩も歩けなくなり、先の通り診断されました。

以来、出かけた後悔、不安で不眠症にもなっています。今は歩けますが左足に痺れを感じます。

痛みを圧して小松まで出かけるのに不安もありますが、この状況から脱したいので、先生に治していただけたらうれしいのですが、いががでしょうか?よろしくお願いいたします。


2日間の治療でとてもよくなりました。

掃除機をもってぎっくり腰になったのですよ!!

こんなケースにレントゲンがいりますか?MRIがいりますか?

医師によって病気がつくられるのです。権威ある病院でのことですよ!

_______________________________

b0052170_19275198.jpg
Aさん(30歳代、女性)は昨年5月、急に左ふくらはぎが痛くなり、椎間板ヘルニアと診断されました。

6月に手術するも改善せず、8月に再度手術するも改善せず。

神経根ブロックを受けているが、そのときだけ痛みがなくなるが家に帰るとまた痛くなる。

Aさんは冷えたところでの立ち仕事です。

ふくらはぎの筋肉の筋筋膜性疼痛症候群(MPS)でした。

トリガーポイントブロック後はすぐに、「あ~楽になりました。久しぶりです。」とおっしゃいました。

2例とももし初めから私のところに来ていれば、レントゲンは撮りません。たぶん、数回の治療、数千円で治す自信はあります。

日本全国、筋肉が痛むという発想がないのです。患者さんにとってとても不幸なことです。

ほとんどが筋性疼痛だというのに!

これは教育の問題です。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-07-07 19:18 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by まーぼー at 2011-07-09 06:25 x
加茂先生こんにちわ。
お忙しい所、ひとつ相談にのってもらえないでしょうか?
実は数週間前から、膝蓋骨斜め下(やや内側)の所に何かが当たる、あるいは急にしゃがみ込むなどしますと脚の外側にビリビリ~っと電気ショックのような痺れといいますか痛みが一瞬走るようになりました。
ペインクリニックでは、「そこは神経が通っている所だから触るな」という説明だけで終わり、また鍼灸院では「神経炎か何かだからそこは鍼は打てません。」と言われお灸をされましたが効果なしです。
これは何なのでしょうか?
また良い治療法などございましたら先生のお知恵をお借りしたいと思っています。
Commented by junk_2004jp at 2011-07-09 07:11
大腿の内側広筋か外側広筋のMPSだと思います。

膝周辺の圧痛点に局所麻酔をするのがいいと思います。
Commented by まーぼー at 2011-07-09 08:40 x
早速の返信ありがとうございました。

では膝周辺にトリガーポイントブロックを打ってもらうよう頼んでみます。


<< 頸椎症性神経根症      皇后さまはMPS >>