2005年 01月 03日

ある掲示板より

MRIを撮りヘルニアだと言われました。今は「左のお尻」と「左足」「左足の小指、くすりゆび」がしびれています・・・・・ヘルニアと診断されてもすぐに手術とは先生は言いませんが、このしびれから解放されるのであれば手術を受けたいと思いますがやはり後遺症があり手術をしたからといって、すぐによくなると言う訳ではないようですね・・・・・みなさんどうお考えですか?手術は受けない方がいいでしょうか?

返事ありがとうございます。手術はやっぱり怖くなってきたのです。失敗例があると今日聞いてしまったので・・・・今、飲み薬とシップと座薬、コルセットしてます。私にはいつも通っている接骨院があるのですがそこで整体をしてもらえば、いままでにもすぐに立てたりしたんです。でもヘルニアと年末に分かって整体は少しハードなのではないかと思ったりします。ねじったり腰をポキポキしたり・・・・・・ヘルニアにはそんな事してよいのですか?不安です。でも年末最後の診察日に整体をしてもらったら右のお尻のシビレが取れたのです!!今は左のお尻がしびれていますが・・・・もう発病してから1週間。へこんでしまいます・・・・・



myalgia(筋痛症)なのです。整体をしても治ることでしょう。痛いからゆがむのです。ゆがんでいるから痛いのではありません。

しかし、ヘルニアと知った瞬間から治りにくくなってしまいます。恐怖、不安がつきまとい動作恐怖が生じます。

痛みやしびれの本態はmyalgiaです。交感神経の緊張と関係しています。トリガーポイントブロックでも、鍼でも、温泉療養でも治癒することもあります。

治らなくなる方法はヘルニアが原因と信じ込んでいる医師に診てもらうことだと思います。
MRIが普及し、医師が考え方を変えないかぎり治らない人が増えることでしょう。皮肉なことに最新ハイテク医療機器が治癒のさまたげになっているのです。(これはレントゲンにもいえます)

③あなたが診ようが診まいが、ほとんどの外来患者の病気は治癒するものである。病人が治るのを邪魔しないのが良い医師である。

治癒例の研究をすればいいのです。MRIでヘルニアと診断されて治癒した人を100人ほどインターネットで募集して、面接し、どのような方法を取ったか調べるのです。そしてできればもう一度MRIを撮ってみる。

おそらくいろいろなケースがあることと思います。そこからどう考えるのが最も理屈に合っているかを考えるのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-01-03 09:35 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 慢性腰痛の急性痛      休日 >>