2011年 08月 28日

アメリカのこの手の研究は

労災補償請求患者における脊推固定術の良くない結果

いつも思うのだが、医学というより統計学ですね。

医者でなくて統計の専門家がやればいい。

痛みとはなにか?

なぜ慢性化するのか?

なぜ固定する必要があるのか?

そのようなことはアメリカの人も考えているのだろうか。

不安定だと痛いのか? 赤ちゃんの頚は不安定だけど痛そうにはない。

b0052170_2273250.jpg


彼女の小指は不安定だが痛みはない。

腰椎が不安定で身体障害者になった例があるのか。固定術をして身体障害になることはあるが。

不安定というのは動的なレントゲン撮影(前屈、後屈)で認定されるわけで、実際の生活ではなにも不安定を感じているわけではない。

椎間板性疼痛、椎間関節性疼痛、神経根性疼痛、これらは整形外科医が考えだした妄想ではないのか。

脊柱の変性所見は健常者でも普通に見られる。

筋肉の状態を観察したことがないのか。

痛みの電気信号が脊椎を固定するとどうして止まると考えるのか?

ブラジルやフィリピンなどで行われている心霊治療(心霊手術)の治療成績を研究してみるのも面白い。

固定術と比べてどうなるだろうか。

かえって悪化する可能性は固定術と比べてどうなんだろうか。

もし固定術と比べて効果に差がないのなら、費用が安いであろうし、副作用の少ないであろう心霊治療を勧めるのだろうか。

ただし信じなければ効果は期待できない。


[PR]

by junk_2004jp | 2011-08-28 02:23 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 椎間板変性が認められる労働者に...      労災補償請求患者における脊推固... >>