2011年 09月 15日

心身症

医学の豆知識

______________________

心身症とは

身体疾患であることが確定していて、環境や時間や条件に応じて症状が変化するもの

functional somatic disease (機能的な身体疾患)

_______________________

ほとんどの病気は心身症です。本態性高血圧は心身症です。

筋骨格系の痛みはほとんどが心身症です。身体疾患であり、痛みの強さは変化しますね。

うつや不安障害は心身症ではありません。身体の病気ではないからです。

しかし、脳を身体の臓器とみると、うつや不安もさまざまな条件によってその程度が変化しますから、「心身症」ともいえるわけです。

医学の進歩につれてこのような表現は混乱してきたようです。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-09-15 08:23 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented at 2011-09-15 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2011-09-15 22:17
どんな痛みも体のある部分から送られてきた電気信号を脳が認知して反応しているのですね。

もしそういう痛みがあるのなら・・・

幻視、幻聴、幻覚と同じレベルの「幻痛」というのがあるかもしれません。



<< 医師からのメール      筋硬症 >>