心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 02日

メール

加茂先生

ご無沙汰しております。

昨年、二回病院でお世話になりました、大阪のA(30代前半)です。

漢方や湿布なども出していただき、毎日お風呂上がりに主人に指圧をお願いしました。

完全に痛みが取れて、半年が経過しました。

元々あった、嫌な鈍痛までもが消えました。

昨年ギックリ腰をして、半年以上も何をしても治らず、加茂先生に診て頂き、本当に良かったと思っています。

沢山の本も読みました。先生、ありがとうございました!


このようなメールをいただくとうれしいものです。

ご主人の愛情もよかったのですね。

そのような人がいない方はテニスボールなどで一人指圧でもいいです。

痛みは筋肉と脳の間の電気情報のアップロード・ダウンロードです。

慢性痛もこのように改善する可能性があります。希望をもってください。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-10-02 01:20 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by TSK at 2011-10-04 08:05 x
この記事と関係のないことで申し訳ないのですが、トリガーポイントが原因で、自分の意志とは無関係に開口動作が頻繁に起きてしまうということは考えられますでしょうか?
そもそも開口動作が頻繁に起きてしまうこと自体、あまり例の無いことなのか、似た様な症状に悩まされている方が見つからなくて困っています。
1ヶ月半ほど前から、自分でトリガーポイントを指やテニスボールを使って押し始め、おかげで幾つかの不快症状は少しずつ解消されて行ったのですが、口が勝手に開いては閉じてを繰り返す症状に関してはあまり変化がありません。
情報が少なくて申し訳ありませんが、宜しければご見解をお聞かせ下さい。
Commented by レッツ at 2011-10-04 11:59 x
先生。こんにちわ。ふくらはぎのテニスボールマッサージはどのような姿勢で行えばよろしいでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2011-10-04 20:03
口がかってに開く件に関してはわかりません。

ふくらはぎのマッサージは反対側の膝頭ででもできますね。
Commented by TSK at 2011-10-05 09:52 x
そうですか……。
横になっている時はそうでもないのですが、身体は殆ど動かさずに指先と腕だけを動かす作業(PCのキーボードを打つ等)をしている時に開口動作の頻度が上がるんです。
それはさて措き、開口筋のトリガーポイントを解消するのに有効な方法はありますでしょうか?外側翼突筋の方は上手く行くのですが、舌骨上筋の上手い解消方法が分かりません。


<< 整形外科学会ランチョンセミナーの動画      筋骨格系の痛みのメカニズム >>