2011年 10月 07日

注射の誤解

先日、30歳代の男性が頚痛で来られました。

2年ほど前、朝起きたら頚がいたかった。(いわゆる寝違えといわれる状態なんでしょう)

大学病院で検査をを受けたが特に異常はないので、近くの病院でリハビリを受けてください、ということで近医を紹介された。

リハビリを続けているが一向によくならない。

友人に当院を勧められて受診したというわけです。

僧帽筋がコチコチになっていました。触診だけで診断が可能です。

かなり慢性化した僧帽筋の筋筋膜性疼痛症候群です。

私はすぐにトリガーポイントブロックをしようとしましたが、強く拒否されましたので断念しました。

当院を受診される方は最近では勉強して来られるので、私はすぐにトリガーポイントブロックをしてしまう傾向にあります。

今回の患者さんは「小松にいい病院がある」という噂を聞いてこられたので、自分で勉強して納得してこられたわけではありませんでした。

注射は一時押さえ、その場だけ、体に悪いといった間違ったお考えのようでした。

そう思っているから、たかが寝違えで2年間も通院しているがよくならないのです。

このような疾患は初期がとても大切なのです。

初期なら数回の治療で治すことができるものです。

腕利きの鍼師でもそう思っていることでしょう。

漫然とリハビリと称して治療してもよくならないことが多いものです。それが最も体に悪いことなのです。

以前はこのような誤解との戦いでした。努力のかいがあって、最近はあまり説明しなくてもスムーズに治療ができるようになりました。

初期がとても大切なのです。どのような慢性の痛みでも当然ですが初期がありますね。初期に適切な治療を受けることによって、慢性化を防がれる可能性があります。その差はとても大きい。


[PR]

by junk_2004jp | 2011-10-07 13:43 | MPS | Comments(5)
Commented by ひつまぶし at 2011-10-07 20:03 x
患者さんによってMPSの理解度や注射に対する恐怖心に温度差があるから。初診は信頼関係の構築とガイダンス部分が重要になるのでしょうか。時間も手間もかかるし、神経も使うことでしょうね。
そういえば、寝違えで医者に行くなんて、私の子どもの頃には想定外だったかも。「病気でもないのに大騒ぎして、医者のご厄介になるなんて・・」って年寄りがイヤミを言いそう。
生きるか死ぬかの大病だけじゃなく、Quality of lifeが重要視される時代になりました。
私も、年寄りに近づいた今だからこそ言える☆
我慢が良いことばかりではないぞよ。
寝違えもぎっくり腰も五十肩も、実に不快で生活に支障をきたす症状は、早めに手当てしましょう☆ 我慢してる場合じゃないっす。
Commented by タク at 2011-10-08 21:38 x
医療側が、問題を悪化させてるようにも思います。私もはじめは似た考え方でした。

ロキソニンやボルタレンの薬局でもらう説明書き。
「痛みや炎症を抑え、熱をさげる薬です。病気そのものを治すものではなく、、病気によるいろいろな症状や苦痛をわらげる薬です。」

そっか、病気そのものは治らないんだ。ヘルニアとか…。痛み止めは効かないから、医者にいらないと言いました。そして、痛みに対する薬は何も飲まなかった。随分して、デパスが出たんですけど。
それより、病気そのもの治さなければ、ならないと思い、メチコバールは、まじめに飲んでました。

愚かでしょ?自分が。今になって分かった事です。
Commented by タク at 2011-10-08 21:40 x
borinisiさんが、ツイートとしてますが、私がTPBをお願いしてたある整形外科で、「もう、うやめてレザーにしない、注射は侵襲性があるから」と言われた。

ああ、本当は面倒くさいだけだかだと思いました。じゃ、注射で瘢痕化してるわけでもなく。
鍼も行ってるので、自分の皮膚や筋の状態など教えてくれるので…。

鍼灸師さんの触察技術は凄いですね。鍼灸師さんにもよりますが。鍼灸院も何件も行ってみて、それぞれ違うと言うのを実感しました。
普通の医者に、筋を触察しろと言っても無理でしょう。やった事ないから、硬結とかあっても、スルー。
Commented by 国松 at 2011-10-09 07:12 x
おはようございます。

 おいらが頚部脊柱管狭窄症で手術をしたS県O市のOS病院の
天下無敵のカリスマ医師(?)が週刊誌に登場してたのを拝見。
これを、読んだら、治ってない人が その人のこと 悪くはいえないような気がしました・・・。だって、そんなこと いったら誰からも相手にしてもらえなくなりそうな気がしました・・・? 
Commented by メロン at 2011-11-05 21:15 x
はじめまして、札幌に住む40代の者です。すべり症と言われ1年4カ月腰痛と坐骨神経痛に悩まされています。病院では、症状が我慢できなくなったら手術ですね。と言われています。なんとか手術せずにと・・考えています。先生のトリガーポイントの治療に今興味があります。北海道には、トリガーポイントの治療をしていただけるところは、ありませんか?


<< 脊柱管狭窄による病態説明はまち...      小沢氏腰痛で救急搬送 >>