2011年 10月 31日

ただ一点、生理学的根拠はなに?

神経根症
神経根が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄や椎間孔の狭小によって圧迫を受けるとその神経の支配領域に痛みやしびれが生じる。

ヘルニアの場合は神経根の炎症、脊柱管や椎間孔の狭窄の場合は神経根の血流障害。


________________________


掲示板で術後よくならない方が次のようにおっしゃっていらっしゃいます。

「外科医が仕事の減ることを恐れて(わかっていながら)認めたがらないというのが真実なら傷害罪ならびに詐欺罪が成立するのではないか、ということ。」

私はそうは思いません。

ネットで無料で講義を聴くことができます。

この講義の内容は整形外科医、脊椎外科医の一般的な考え方です。

私の思っていることとは違います。

http://ds-pharma.jp/medical/gakujutsu/undouki_spine/seminar/se04/02/index.html#2

http://ds-pharma.jp/medical/ebiz/prorenal/seminar002/Seminer_1.html

b0052170_221664.jpg


皆さんも講義をよく聴いて疑問点を挙げてみてください。

いくつも疑問はありますが

ただ一点・・・

神経根の血流が障害されるとその神経の支配領域に痛みやしびれが生じるということの生理学的根拠・理論です。

脊柱管狭窄症は大流行りです。

今日は80歳の女性と30代の女性。

二人とも私の診断はMPSでした。80歳の女性は注射ですぐに楽になりました。

これはまさにミステリーです。本当に神経根が犯行の現場なのですか?そこに犯人がいるのですか?見込み捜査ではないですか?


[PR]

by junk_2004jp | 2011-10-31 22:12 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by タク at 2011-11-01 00:40 x
一般の患者さん向け、割とやさしい解説ビデオ

(手術ビデオあり、神経映ってます)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=287&m_id=26995&m_feed=26995
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=287&m_id=27250&m_feed=27250

ミイラが痛いとは言わないと思いますが…。


<< 医師はもっと謙虚に      重症かも(痛みの医学教育) >>