2011年 11月 17日

NHKさんよ、「腰痛の85%は原因不明」はもうそろそろやめにしませんか

今日のお昼に患者さんから電話

「先生、昨日のためしてガッテンごらんいなりましたか。先生のおっしゃっていることが正しいと最近になって分かって来たといってましたよ。先生を信じてよかったですよ。」

こんな内容の電話でした。

ためしてガッテン 驚異の回復!腰の痛み

実は、ここに「国民的大誤解」があることがわかってきたんです。それはなんと「腰痛の85%が原因不明」という事実です。さらに、主犯と考えられていた椎間板ヘルニアさえ、犯人じゃない!?

取材を続けると、そんなナゾ多き痛みに、今50年に1度という大発見がありました。それはなんと「脳」と「腰痛」の意外な関係。


私はこの番組予告を知っていたので、またいつものパターンだと思って日本シリーズをみました。

原因が分かっていると思っている10%も間違っているんですから、全くあてになりません。

20年も30年も医師をやっていて未だに原因不明?

おいおい、しっかりしなさいよ!

痛みは初期治療がとても大切なんです。

それが原因不明じゃ、どうして治療すればよいか分からないですよね。

まず、ポリモーダル侵害受容器がある場所。

脳の反応に応じる臓器。

筋肉ですよね。

殆どの腰痛は筋性疼痛です。

ヘルニアや脊柱管狭窄などが原因で神経が圧迫をうけて痛みやしびれが生じることはありません。

軟骨や椎間板の老化が痛みを起こすことはありません。

MPS研究会の医師はその原因不明の謎に挑戦してたどりついたのです。

MPSを理解すれば多くの疑問は解けます。

MPSを知らないから原因不明となるのです。原因が分かっていると思っている10%も間違うのです。

筋肉と脳の間のできごとです。慢性化する前が治療の旬です。

b0052170_22584976.jpg

苦しい立場



[PR]

by junk_2004jp | 2011-11-17 21:10 | MPS | Comments(21)
Commented by ひつまぶし at 2011-11-17 21:19 x
NHKも旗色が悪くなってきたせいだろうけど、今さら何を・・・ですよ。だいたい、「国民的大誤解」かなんだか知らんが、その推進役というか垂れ流しに、これまでNHKは一役も二役も買ってたんじゃないですか。
あんな番組を裏でやるから、ドラゴンズが調子狂っちゃったんだわ。許せん。
ホークス、強いなーーーー。魅力的な打線ですね。
先生、どっちの応援?
Commented by パニック野郎 at 2011-11-17 21:23 x
番組冒頭でヘルニアがあるのに腰痛がないという方々を沢山集めてきたのになぜ痛みが無いのか結局説明なし。後半の手術適応のフリップではいつも通り痺れと麻痺を一緒くたにしてました。取り敢えず脳に辿り着いたのは大進歩?MPSに辿り着くのはいつの日なのでしょう。先生ガッテンに出て下さいw。
Commented by aya at 2011-11-17 21:36 x
NHKに手紙出してもいいですか?石川に優秀な医師がいるって。
もしオファーきたら先生は出演されるのかなあ~?
でも出演したら加茂整形は今まで以上に大変になってしまいますよね。
そうなったら患者同志で団結して治療以外のことでフォローしたい。
全国ネットだから影響力は大きいですよね
Commented by ひつまぶし at 2011-11-17 22:18 x
ギャラの交渉は私にまかせてください(^^)
衣装選びはあやさんにおまかせ★
Commented by あや at 2011-11-17 22:42 x
いいんですか~^^是非衣装選びしたいです。
本当に書いていいですか?手紙。
思い立つとすぐ行動しちゃいますよ~^^
Commented by あや at 2011-11-17 23:35 x
本当に今NHK宛てに手紙を書いちゃいました。先生の著書を同封して出してもよろしいかなあ?
万が一、依頼がきても先生にその気がなかったら断ればいいし。文面に「先生が出演して下さるかは分かりませんが」って一文入れてますから。
ひつまぶしさん、どうかな?
Commented by ひつまぶし at 2011-11-18 09:33 x
あやさん、私が番組プロデューサーだったら、「整形外科医の説明の85%は意味不明」というタイトルで番組作ります(`´メ)
けど、出演依頼が来ても、少しもったいつけたほうがいいかな~~ 呼ばれてすぐ出るんじゃ、売れない演歌歌手みたいだし。
それに共演者がみのわの親分さんだと、場外乱闘の可能性もあるし。(紳士の加茂先生がまさかそんな)
矢沢永吉やユーミンだって、オファーが何度あっても出なかったし。永ちゃんはこの前VIP待遇で出ましたね~ 感動しちゃった。(*^o^*)

・・・・あ、紅白の話じゃなかったですね・・・・ つい妄想が暴走しちゃって・・・  
Commented by あや at 2011-11-18 12:27 x
ひつまぶしさん、こんにちは。みのわの親分ってもしかして加茂整形に入院していたお仲間さんにしか分からない人ですか?たまにみのわの親分って書いてあるコメントを見つけますがタクさんや国松さんとかは分かっているようでしたが、私分からないんですがどなたですか(>_<)
MPSをもっと広めるため、そして加茂先生の理論が正しいことをもっと知ってもらうため、手紙出してみます^^加茂先生が出演されなくてもMPSについて特集を組んでもらえるだけでもいいですよね~でもその特集に加茂先生以外の医師が出ておかしなことを言われると困りますがね。
加茂先生、気が乗らなかったら依頼は断って下さいね(笑)
Commented by タク at 2011-11-18 19:25 x
みのわの親分
時代劇、銭形平次に登場する「三ノ輪(箕輪)の万七親分」のことです。

東京メトロ日比谷線に三ノ輪駅があります。三ノ輪橋駅は都電荒川線の始発駅でもあります。あとは健作ちゃんしてみて下さい。
Commented by junk_2004jp at 2011-11-18 19:40
http://www.youtube.com/watch?v=o-MiZnE6FVY&feature=related

33秒あたりかな(万七親分さん)
Commented by あや at 2011-11-18 20:15 x
ありがとうございます。銭形平次で三ノ輪に住んでいた万七親分ということでしょうか?万七親分は悪い奴?(悪代官?)ということから銭形平次が加茂先生でみのわの親分は未だにMRIを撮ってヘルニア説を唱え患者を困らせている医師達を比喩的に表現されているという捉え方でいいのでしょうか?三ノ輪駅の病院にヘルニアの権威がいるとかではないですよね?訳わからなくてすみません(悲)
Commented by ひつまぶし at 2011-11-18 21:36 x
>でもその特集に加茂先生以外の医師が出ておかしなことを言われると困りますがね

あやさん、それ、私も心配。
ほかにも、加茂先生が意見が全く違う面々と並ばされて、しゃべる時間も短く制限されて、チョイ役で出るなんて、許せないわ!q从o`・з´・)p
(我ながら何を怒ってるのかよぉわからん。妄想族ゆえお許しを)
Commented by 道草 at 2011-11-18 22:13 x
大切な事は、治す方法を確立する事だと思います。キチンと治療を受けた患者の何割が治ったのかを。痛みの改善がプラセボなどと言うものでなく。また腰痛と言う状態で治療を受けると言う場合、慢性化した場合が殆どではないでしょうか?
Commented by あや at 2011-11-19 04:53 x
ひつまぶしさん、それ私も許せないです(笑)加茂先生が出演しない場合はMPSについてだけ、出演するなら単独でないとダメですね^^チョイ役なんて、絶対ダメ。今度ゆっくり語り合いたいです~^^

道草さん、治す方法はTPBと内服(うつに対して等の)、ストレスの除去(個々によって社会的背景が異なるので)等で特に慢性痛の方は長い目でみて治療にあたるしかないのではないかと私は思っているのですが、現状はMPSを知らない為、手術や理学療法といった選択肢しかない患者がさんが多いと思います。そして慢性化させないことが大切なのに、現状はMPSを知らなかった患者さんが慢性化させてしまって腰痛難民になってしまっているから、慢性化する前に食い止める必要性、MPSの概念を知ってもらうことにより今より腰痛難民が減り新たな腰痛難民が出る確率を減らすことができるのではないかと思うのです。治す方法は脳も関係するし患者によるところも大きいと思うので一概に必ず治るって言えないと思いますが。私はMPSの概念をもっと広めることが大切だと思っています。あくまで私はです。気を悪くされたらすみません。個人的な意見です。
Commented by あや at 2011-11-19 05:31 x
フェイスブックのLikeの数が今までに比べて物凄く多くないですか?このブログ。
Commented by 道草 at 2011-11-19 09:06 x
あやさん
MPSの概念は知ってますよ。
TPBも三桁の回数近く打ってもらってますよ。理論を周知させるのは、治癒実績を示すしかないと考えてます。勿論筋肉と脳が関わっている事は自らの経験で意識できています。TPBと言う療法は1960年代頃からすでに大阪の大学病院のペインで実施されていたらしいと聞いています。しかし、それがなぜ行われなくなってきたのか?
という事実認識は必要だと思います。一手段であって万能ではないという事も重要な気がします。
Commented by あや at 2011-11-19 10:44 x
道草様
道草さんや私のように、ここに辿りついた方は勿論MPSについて知ることができましたが、未だに知らずヘルニアや狭窄症と言われ手術しても治らず困っている方が多い実態があるのではないでしょうか?実際私の周りに痛みの難民がたくさんおり、頸のヘルニアと言われ手術して寝たきりだったり、痛みの為日常生活がままならない方が多いのです。(私は訪問介護をしているので)TPBは筋肉に対しての治療なのでそれだけで痛みが取れるわけではないと思いますし加茂先生もそうおっしゃっているのではないでしょうか?(万能ではない)TPBは筋肉を正常の戻す役割みたいなものですよね。実際私、内服も併用しておりました。MPSを説明しても理解してくれる方はなかなかおらず、皆ヘルニア等と信じておりTPBという治療の選択肢がないのです。だから多くの患者にMPSを知ってもらい治療の選択肢を増やすことが必要だと考えます。そしてそれが治癒実績に結び付くと私は思っています。加茂先生の患者である程度治癒実績は示されると思いますが。
Commented by あや at 2011-11-19 10:44 x
>TPBと言う療法は1960年代頃からすでに大阪の大学病院のペインで実施されていたらしいと聞いています。しかし、それがなぜ行われなくなってきたのか?
MRI等の普及により構造異常をみつけることができるようになり、注射をすぐに行う医師はダメな医師だというような風潮になってしまったから。高い医療機器を揃えて儲けがないとやっていけないから。
意見は人それぞれと思いますので、私はそう思っているだけです。
ここで議論したら加茂先生に迷惑になるので、これで終わりにしますが道草さんの意見も参考にさせて頂きながら行動してきたいと思います。ありがとうございます。
Commented by タク at 2011-11-19 12:07 x
あやさん。

万七親分。
私も、あんまりあの番組見てなかったのですが、銭形平次のライバルです。事件解決の時、平次が正しい推理、事件解決に結びつくのに対し、万七親分はいつも見当違いな推理をし平次にしてやられる。そう言う設定キャラ。

私なんかより、加茂先生の方が詳しいんですが。汗。
Commented by 道草 at 2011-11-19 14:28 x
あやさん。
最後にしますが、TPBは筋肉にたいする治療だけではないですよ。脳との傷み伝達を一時的に遮断することで痛みの悪循環をたちきるではなかったでしたっけ?
Commented by あや at 2011-11-19 18:14 x
タクさん
ありがとうございます^^万七親分ってそういうキャラなんですね。
分かりました~すっきりしました。

道草様
そうですね。TPBはそのような効果もありましたね。トリガーポイントブロックで腰痛は治るを読み直します。ありがとうございましたm(__)m
これで本当に最後にしますね^^


<< 身体表現性障害      むちうち、初期の大切な時期 >>