2005年 01月 12日

「生き方上手」より①

b0052170_18492498.jpg音楽は痛みをも軽くしてくれます。
多量のモルヒネを必要とするがん末期の患者さんが、音楽に包まれることで、薬の量を10分の1にまで減らすことができた例もあります。痛みは主観的なものですから、不安や悲しみ、恐れによって何倍にも増幅されます。心の不安が和らげば、現実に痛みまで軽くなるのです。
眠れない人が、睡眠薬に頼らず音楽だけで眠れるようになったり、人前に出ると声が出ず、手が震えるという極度の緊張のある人も、音楽療法で症状を和らげることができます。


心とからだを切り離した、現代医療のまちがい

心が癒されると、からだの具合までよくなることもあれば、その逆もあるように、私たちの心とからだは実に深く複雑にかかわり合っています。心とからだ、どちらか片方だけを診て、それを修復する手立てを講じたところで、患者さんの抱える問題は解決されません。そのことを、古の人たちは現代人よりはるかによく理解していたと思われます。


******************************

(加茂)

筋骨格系の痛みに関して

痛みを伴う疾患で、痛み以外の治療を必要とする疾患は悪性腫瘍、感染症、骨折などの明らかな外傷。 
痛風は尿酸の代謝性疾患なので、尿酸値を管理する必用あり。
リウマチは関節破壊が進むことがあるので、それに対しての治療。

これぐらいのものです。あとは痛みそのものが治療の対象(慢性痛)になります。痛みにより、筋肉がこわばり、可動域が制限されたり、動作恐怖がおきてくることがあります。

心(ストレス)と痛みを結ぶキーワードは筋肉です。ヘルニアでも軟骨でも神経でもありません。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-01-12 20:12 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 「生き方上手」より②      手術したって!まじですかぁ~ >>