2005年 01月 13日

「生き方上手」より②

患者のあなたへ

自分の身は自分で守る意識をもつように患者さんは総じて、医師の言うまま、なすがままで実に控えめですが、それは医療の傍観者に甘んじているのだ、とあえて厳しく申し上げましょう。医療の一切を医師にまかせきったがために、みなさんは医療についてまったくの無知になり、そのことに疑問すら感じていません。だから医師の言うなりの患者であり、ひとたび医療ミスが起きれば、ただの被害者となってしまうのです。そうではなく、もっと医療にかかわってください。わからないことは何度でも医師に説明を求めてください。インターネットも大いに役に立つでしょう。専門知識といえども、あなたが知ろうと思えば十分に理解できることはたくさんあります。

医師に診てもらえば病気は治る、と思うのは、医療への信頼というより、むしろ過度の期待です。ないものねだりです。自分の身は自分で守るのだと考えを改めて、医療の限界をも含めて、もっと医療を学んでください。医師より先に患者さんが医療ミスに気づくということがあってもおかしくないですし、もっとあるべきだと私は思います。

患者であるあなたにしかわからない不安や痛みも、胸にしまって耐えるのではなくどんどん医師に伝えてください。日本の医療が、患者さんにやさしい、豊かな医療に変わるためにはぜひとも必要なことです。具体的に客観的に伝える術を磨くことも、当然、患者であるあなたの務めです。患者であるあなたが医師や病院と対時するのではなく、医師らと一体となって、望ましい医療を育てあげなければならないのです。


(加茂)

ヘルニアや腰痛など「痛み」についてインターネットで検索しても正しい情報が得られる可能性は少ないです。それは医学教育に問題があると思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/kenkoukairo/006010

次のところを参考にしてください。私も整形外科医は画像診断にかたよりすぎていて、症状との因果関係を推理する能力に疑問をもつことが多いものです。

(一) 整形外科教授の本音(二) 整形外科医の矛盾 (三) 医学教育の欠陥

「慢性疼痛」で検索すると良い情報が得られると思います。しかしこの言葉で検索はできないでしょうね。この言葉を定着させるべきでしょう。慢性疼痛の患者さんに歩けなくなるというような脅しで手術をするようなことは避けられるでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-01-13 12:31 | 慢性痛 | Comments(6)
Commented by sansetu at 2005-01-14 11:51
リンクされているカイロプラクター氏のテキスト、いま読みました。整形外科の現状説明はともかくとして、治療に関する認識がちょっとカイロに偏向しすぎていると思います。医療者は国家資格の有無に関わらず、自分が行っている方法論以外の方法論でも、実際に治っているという事実を、もっと真面目に知る努力をする必要があります。
そこから普遍的な法則を導こうとすることが医療者の大切な務めであると思います。このブログの資料リンク先としては、ちょっとどうかな、と正直思いました。
Commented by junk_2004jp at 2005-01-14 11:58
こんにちは。整形外科の現状のところだけのつもりだったのです^^;。



Commented by sansetu at 2005-01-14 15:44
加茂先生、よけいなことを申しましてすみませんでした。ただ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
放置しても治る例は別にして、筆者は頚椎のサブラクセーションに注目してカイロで治療する以外に方法はないと思っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このくだりが医療者としての科学的発言とはとても思えず、つい反応してしまいました。この方の仰ることが真実であるのならば、私や加茂先生のようなカイロ以外の方法論で、当たり前に治っている患者さんの疼痛症状とは、一体何なのでしょうかねぇ(笑)。おっと、またよけいなことでした。
Commented by junk_2004jp at 2005-01-14 15:53
いや^^、ボクは他は読んでないんですよ。そんなこと書いてあるのですか!
Commented by sansetu at 2005-01-15 09:45
いやだなあ、先生ったら(笑)。上のリンクボタン押してすぐに開くページの、(一)整形外科教授の本音、の最後の2行ですよ。私も他のページなんて見ていませんよ(笑)。 以上、失礼いたしました。
Commented by junk_2004jp at 2005-01-15 12:47
あ~、ほんとだ。それはその方の個人的思いこみですね。カイロの理論を知らなくても治療できるわけですから。

カイロvs整形、よくあるバトルですが、痛み分けというところでしょうか^^。


<< 「生き方上手」より③      「生き方上手」より① >>