2011年 12月 23日

根本的なところで思い違いがある

脊柱管狭窄症といわれている病態理論で、根本的なところで思い違いがある。だからツジツマがあわない。

会員制の掲示板で構造派の脊椎外科医と線維筋痛症の専門医がデベートしているのを興味深く読んだ。

結局のところ、その脊椎外科医は「脊柱管や椎間孔の狭小が痛みやしびれを起こす」と主張しているのだが、その生理学的根拠が示されない。ただそう思うというだけのことなのだ。

b0052170_12202461.jpg

b0052170_12205382.jpg


絞扼性神経障害と定義するなら、痛みやしびれではなくて「麻痺」でなければならない。

どうも「痛み・しびれ」と「神経麻痺」の区別がよくわかっていないと言わざるを得ない。

だから脊柱管狭窄症の病態にたいして完全な合意が得られてないのだ。

神経が絞扼された場合は麻痺が生じる。痛みやしびれ(ジンジンとした異常知覚)が生じることはない。

麻痺した痛覚神経が触覚神経などと交通してCRPSタイプ2が生じることがあるが、麻痺が前提だ。

間欠性跛行は休むと回復するということだが、絞扼性神経障害であるはずがない。

あきらかに理論的間違いがある。

b0052170_14492055.jpg


4)MRIなどの画像で脊柱管や椎間孔の変性狭窄状態が確認され、臨床所見を説明できる。

:::::

臨床所見は痛み・しびれだからこれを画像で説明することは不可能です。たぶんデルマトームのことなのでしょうが、ここに思い違いがあるのです。

痛みが画像によって分かることはありません。つまり(4)を満たすことはないのです。



[PR]

by junk_2004jp | 2011-12-23 12:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by タク at 2011-12-23 14:25 x
http://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu/10/1/10/_pdf/-char/ja/
日本腰痛会誌,10(1): 10 – 13, 2004
腰部脊柱管狭窄の保存療法 紺野 慎一

page 3/4
>Ⅶ.腰部脊柱管狭窄の治療上の問題点
>
>第一に,診断基準がないことがあげられる.診断基準の作成により,より効率的な治療
>の提供や不適切な治療の回避などが期待できる.第2 に診断基準がないことに関連する
>が画像診断の限界があげられる.画像所見のみでは診断できないことが明らかであるに
>もかかわらず,画像所見による診断や手術の範囲決定が行われている場合が多い.
>Sevidenceが証明された保存療法がないことも大きな問題点である

多分、この頃はサポートツールは無いでしょう。サポートツールはサポートであって診断基準なのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2011-12-23 14:46
脊柱管狭窄がどのような症状を呈するのかということから議論する必要がありますね。
Commented by タク at 2011-12-23 15:23 x
教科書的にはLCSはASO(PAD)と区別しなさいとなってます。症状を診て。
筋性疼痛も疾患候補に入れないのでしょか?

背中をそると痛い。→脊柱起立筋群の収縮痛を考えないのでしょか?関連痛を発生するでしょう。
http://shinbb.exblog.jp/2706412/

そもそも、デムラトームにがちに一致した痛みは臨床上そんなに多いのでしょうか?


<< 「痛み・しびれ」と「麻痺」に関...      知ってしまうと教えたくなるよね >>