心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 25日

「痛み・しびれ」と「麻痺」に関して理解していない件

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237574952

<ではhttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/
この整形外科医のおっしゃってることは嘘ですか?>

私は、このDrの言われていることは信じておりません。またこのDrのHPのリンクを見ても、賛同されている整形外科医はほとんどおられないようですね。

椎間板ヘルニアの患者さんの多くは、手術する必要はない、ということは日常しばしば経験しております。

しかし症状がひどいために麻痺が起こっていたり、社会生活ができないほどの患者さんを手術した経験から申し上げますが、そういう患者さんの、ヘルニアで圧迫されている神経根の状態は、かなりひどい緊張状態です。

本来であれば普通に緩んでいる状態の神経根が、ヘルニアのためにキンキンに圧迫されているのです。ヘルニアを切除して神経根の緊張が緩みますと、術前にあった激痛が治まり、坐骨神経痛も消退します。こういう手術経験がある整形外科医は、ヘルニア手術不要論には賛成しないでしょう。


これはヤフー知恵袋の骨大工さんという方の投稿です。私のHPの内容に異議をおっしゃっています。

皆さんはこの文章のどこが非科学的かはおわかりですか?

「麻痺」とは神経線維に電気活動が起きていないということです。

「痛み」とは神経線維に激しい電気活動が起きているということです。

ヘルニアの圧迫によっていったいどちらが起きると思っているのでしょうか?

とにかく、ワケが分からないのですが、ヘルニアが原因で痛いと思い込んでいるだけなのです。

神経線維が圧迫を受けたところでなにもおきません。これが正解です。

像の足裏の神経を想像したことがありますか?

神経線維が絞扼されたときに麻痺が生じることがあります(絞扼性神経障害)。椎間板ヘルニアでこれが起きることは極めてまれです。馬尾症候群といって48時間以内の手術が必要です。

たぶん、一挙に大量の髄核が脱出したときにおきるのでしょう。

ヘルニアが神経を圧迫して下肢痛が起きるというのは明らかに間違いです。

[PR]

by junk_2004jp | 2011-12-25 11:53 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(19)
Commented by ひつまぶし at 2011-12-25 14:37 x
この文面から察するに。
骨大工先生は2種類の患者さんを手術した。ひとつは麻痺。もうひとつのほう・・・「社会生活ができないほどの」何の患者さんを手術したのか?省略されています。しゃっくりとか、めまいとか下痢じゃないでしょうね。「痛み」でしょうか。
ヘルニアが神経を圧迫すれば、麻痺が出るときと、痛みが出るときと、両方の可能性があって、そしてそのどちらの場合も手術する。そして、手術すれば麻痺も痛みもなくなる。という内容に読めます。私の読解力不足かしら。
Commented by junk_2004jp at 2011-12-25 20:34
基本的な生理学上の矛盾に気がついてほしいものですね。
Commented by タク at 2011-12-25 20:58 x
有名な整形外科医の先生方の説明の場合。

http://ds-pharma.jp/medical/gakujutsu/undouki_spine/discussion/ds06/index.html

―以下引用―
紺野
本日は「急性腰痛の最新治療」というテーマで、この分野の第一人者の先生方にお話しいただきたいと思います。

特に、椎間板ヘルニアでは、椎間板の髄核や線維輪に含まれる炎症を惹起する物質によって根性疼痛が起こることが明らかとなり、臨床的アプローチとして、起炎物質のantagonistやinhibitorを使用することで、疼痛を制御できる可能性を示しました。もともと、ヘルニアの疼痛発現にはアラキドン酸代謝系の関与が考えられていましたが、TNF(tumor necrosis factor)-αやIL(interleukin)-1βのほうがphospholipaseA2よりも疼痛への関与が大きいことが明らかにされています。

変性椎間板を修復あるいは再生し、かつ修復された椎間板は神経根に作用した場合でも痛みを起こさないことがわかりました。
Commented by 針立酔候 at 2011-12-25 21:53 x
うすっぺらな人間性の人ほどプライドだけがやたらと厚い…厚顔無恥ですね。どうして破定した理論に疑問をもたないのか理解できません。加茂先生の理論を否定するのに科学的に説明をしている整形外科・脊椎専門・麻酔科医の存在を知りません。そんな馬鹿医師の存在のおかげで手技治療家は安泰して自由診療で生きていけます。だって患者さんは治る方に健康保険がきかなくてもお金を払って治療に通ってくれますから♪反省しない馬鹿医師様達…患者さん達に心の底から軽蔑されてますよ~お大事に~
Commented by あや at 2011-12-25 22:50 x
>社会生活ができないほどの患者さん

私も社会生活ができない状態だったけど(寝たきり)手術しないで治ってるんですが、この事実に対してどのように説明をするのでしょうか~
私は相当症状がひどかったですが、麻痺は起きなかった。痛くて動かせなかったけど。
加茂先生は手術で痛みがとれた場合の理由も分かり易く説明されています。ヘルニア説を唱えている人は、私みたいに治った患者をどう説明するのでしょうかね?神経への圧迫が取れたというのでしょうね。
Commented by あや at 2011-12-25 22:57 x
神経への圧迫がとれていると説明するなら、もう一度MRIを撮ってみれば分かりますね~
ヘルニアと診断した病院にまだ痛みがあると言って受診して、もう一度MRIを撮りますよ。それでもしヘルニアがそのままだったら、神経圧迫説は否定されますよね?また、報告します^^
Commented by ひつまぶし at 2011-12-26 20:36 x
まあ、手術して治らなくて抗議しに行く元気・勇気のある人ばかりじゃないし。
「先生、手術したのに、痛みが治らないじゃないか!なぜなんだ!」と言ったところで、「それは心因性だわ」で却下だし。実に簡単。
レストランでも、「まずかったぞ」と文句言いに行く人はいないでしょ。「あんな店、二度と行くもんか」でオシマイが多いのでは?
「何も反響が無い・術後病院へ来ないのは、治った証拠」とでも思ってるのかな、お医者さんは。
実におめでたい、とも言える。それで通るなら、いい商売だよね。
Commented by rakuchin-dou at 2012-01-03 21:46
はじめまして。
福岡で鍼灸整体院をやっております。
私が相談を受けた方で、「ひどい腰痛があり、病院で痛みのある筋肉に麻酔を打つ治療を受けたんですが、まったく痛みが取れなかった。」と言われたのですが、こういう場合どういうことが考えられますか?

この方は次に椎間板ヘルニアの手術を検討しているそうです。
Commented by あや at 2012-01-03 22:21 x
初めまして。
私は、初めてTP注射をした時は痛みが取れるまでの効果はありませんでした。注射当日は辛うじて歩けましたがその後元の痛みに戻ってしまいました。
治療を続けるうちに徐々に痛みがなくなった感じです。
そのご相談の方はどのくらいの期間、注射の治療をされたのか分からないのですが、私は月に1回ですが半年くらいかかりました。薬も処方されていました。
>筋肉に麻酔を打つ治療
TPBなのですかね~?

もう少し痛みのある筋肉に麻酔を打つ治療を続けてみてほしい気持ちです。私は加茂先生の患者です。
Commented by rakuchin-dou at 2012-01-03 22:47
>あや様

早速の回答ありがとうございます。
>私は、初めてTP注射をした時は痛みが取れるまでの効果はありませんでした。

そうなんですか。月一で半年ぐらいはかかるのですね。

この方が受けたのは数回ぐらいだと思います。
聞いた話では、一応TPBだと思いました。

担当したお医者さんが自信満々でやってみたものの、術後の効果がなかったので「あれ?」という感じだったそうです。

今まで、病院、鍼灸マ、カイロ、気功など色々行っても、長いこと通わされるだけで良くならなかったので、どの治療法も信用できない状況になっています。

TPBを辛抱してやれば、また違った結果になったのかも。
福岡県でまともにTPBをやっている病院があれば・・・



Commented by rakuchin-dou at 2012-01-03 23:29
私の院にも一度来られましたが、
揺らし系手技、トリガーポイントへの鍼、カウンターストレイン、操体法全て無効でした。
(私の技術が無かっただけかもしれません)

当然1回で改善出来ないとは思いますが、上記の理由で難しい感じです。

本来はこれで終わりですが、私がお世話になっている方からの紹介なので、少しでも良い方法があればと考えています。
Commented by あや at 2012-01-04 01:33 x
今まで色々な治療を長い期間試しても効果がなかったのですね。
私が一番問題に思うのは信用できない状況になってしまっていることです。
今回生まれて初めて物凄い痛みに襲われて、そして痛みが取れた今感じることは、自分の選択した治療を自分が信頼できる医師(鍼灸師さん等)にしてもらうことです。でも信用できない状況だったら、もうその選択がなくなってしまいます(悲)
あとTPって自分でもどこにあるか分からないので、数回しかしてないならTPに当たっていないのかもしれないとも感じます。私は未だにどこにTPがあったのか分かってないです。先生が押してくれて痛いところに何か所もTPBしてもらっていました。

その相談者の方に、このHPを見て頂くことはできないですか?
福岡ならトリガーポイント研究所のHPもいいかもしれないです。
加茂先生の「TPBで腰痛は治る」の著書を読んで頂くことはできないですか?
私もヘルニアと診断され動かせない程、激痛だったのに今は走っても踊っても痛くありません。
Commented by あや at 2012-01-04 01:33 x
医師でないので分かりませんが、ヘルニア以外の原因がないならば、ヘルニアで痛みは起こらないからMPSだと私は思うのですが。
このHPを覗いてみてもらったら、もしかしたら違う考えになるかもしれないので。
Commented by あや at 2012-01-04 01:41 x
rakuchin-douさんのTPへの鍼ですが、もう少し続けてみるのはいかがですか?
1回ではやっぱりTPに当たってないかもしれないと思いますし。
Commented by あや at 2012-01-04 01:59 x
何度も申し訳ありません。
ちなみに私は、治療開始で半年後に痛みが気にならない位になりましたが、足が攣ったり無理するとちょっと痛くなったりしていたので、その後も治療は続けています。現在初診から1年4カ月経ちました。そして前回の治療では元々痛かった部位への注射はしませんでした。もう攣る回数も大幅に減り(2か月に1回位)ました。完全に元の状態に戻る期間は個人差とか慢性か急性かとかもあるようです。
Commented by junk_2004jp at 2012-01-04 13:14
ヘルニアが原因で痛みがでていることはありませんので手術をする必要はありません。

ただし、儀式的効果や麻酔の効果は期待できます。

①大腰筋など深い筋肉が原因かもしれません。

②中枢性感作(中枢性の痛覚過敏状態)があるのかもしれません。(慢性痛)

3うつ状態、不安障害があるのかもしれません。
Commented by rakuchin-dou at 2012-01-04 17:16
ありがとうございます。
>ヘルニアが原因で痛みがでていることはありませんので手術をする必要はありません。ただし、儀式的効果や麻酔の効果は期待できます。

私も手術の必要はないと思いますが、今までの治療法に信用がない状態なので、この方が「手術をすることで治る!」と信じることが出来れば、良くなるのでは?と考えています。

>①大腰筋など深い筋肉が原因かもしれません。

痛みのある側の背部、臀部の筋肉は弱化。同側の大腰筋、腸骨筋が硬かったので、手技で改善出来るのでは?と思いましたが、術後の反応は良くなかったです。

>うつ状態、不安障害があるのかもしれません。

この可能性は考え、施術後手紙にて加茂先生の院の紹介と精神面が原因の痛みがあることを伝えました。

>中枢性の痛覚過敏状態

これの最適な治療はモルヒネなどの投与ということになるんでしょうか?

Commented by rakuchin-dou at 2012-01-04 17:23
>あや様

患者さん側からのご意見、大変参考になりました。
ありがとうございます。
Commented by rakuchin-dou at 2012-01-12 02:14
本日、あや様に紹介していただいた、福岡のトリガーポイント研究所の講座を受けに、福岡県飯塚市のRamtha飯塚様に行ってきました。

講座終了後、院長の一木禧廣先生にアドバイスをいただいたところ、上記にも書いた考え方と手順は間違っていないと言われました。

しかしながら、筋膜への微妙な圧の掛け方や自分が見落としていた浅層の腹壁筋膜の部位の可能性を指摘していただき、大変勉強になりました。

今後の治療に生かしたいと思います。
ありがとうございました。


<< 筋骨格系の痛みのほとんどはMPSです      根本的なところで思い違いがある >>