2012年 01月 20日

歌丸さん、3回目の手術をするんだって

http://www.sanspo.com/geino/news/120119/gnj1201190505015-n2.htm

「歩くのも、立っているのも痛かったので、かかりつけの病院で調べてもらったら、先生に『ネジが緩んでいるんじゃないか』と言われましてね。6月中旬に手術をすることになりました」

都内でサンケイスポーツの取材に応じた歌丸は、深刻さよりも病気を笑い飛ばすかのように明るく語った。

6月初旬から入院し、同11日に手術を予定。その後、リハビリと休養に充てるという。腰部脊柱管狭窄症の手術は2007、08年にしており、今回で3度目。

歌丸は「1度目は体力がないだろうから、50%しかしなかった。翌年に8本のネジを入れる手術をしました」と説明。

その後も痛みが残り、最近では歩行も苦痛になったため、かかりつけの医師に相談。3度目の手術を勧められた。「ネジを取るか、締めるか、と言われています」と手術内容を明かした。


する方もされる方もたいへんだね。

脊柱管が狭窄されているからといって痛みやしびれがでることはありません。

神経線維が圧迫を受けてもなにもおきません。

足裏の神経を想像してください。

妊婦のお腹の神経を想像してください。

神経線維が圧迫を受けたところでなにも起きないのです。

締め付けられたとき(絞扼)に麻痺がしょうじます。=絞扼性神経障害

つまり、そもそもの診たてが悪いと思います。

私ならそんなヤボな診たてはしません。

MPSです。

参考http://junk2004.exblog.jp/13064961/


[PR]

by junk_2004jp | 2012-01-20 01:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by タク at 2012-01-20 02:36 x
忍法、ツバメ返しの術
_____________________________________________________________________________________________________________________________________

ジャンボ尾崎さん、歌丸さん
http://junk2004.exblog.jp/4663018/

>「神経などを圧迫し、腰痛や右足に痛みがある。」・・・・これが生理学的に説明できない点なのだ。「今の段階で手術
>をした方が、今後の落語家活動のためにもいいでしょう」と勧められた
Commented at 2012-01-20 11:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ひつまぶし at 2012-01-20 18:21 x
記事を読んで、思わず飲んでいた缶コーヒーをふきだしてしまって、キーボードが水びたし(コーヒーびたし)。。。。どうしてくれるの。

ネジが緩んで、取るか締めるかって・・・
主治医の先生の頭こそ、ネジが緩んでるか、もしくは飛んでるのでは・・・?


<< 医師劣化時代      中枢性痛覚過敏(central... >>