心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 20日

医師劣化時代

掲示板で健太郎さんが書いています。

「何処の大学でも、医学部が一番難関で、頭脳の優秀な集団なのに。」

これは買い被りです。

この業界に長くいるとよーくわかってきます。

自分の子供が医者になっている歳になってしまいました。(私にはそのような子はいませんが)

だれでも誤診、思い違いはあります。私もたぶんあるでしょう。まあ30数年なんとなくやってきましたが。

先日、こんなことがありました。この話のレベルの低さにはさすがに唖然としました。

b0052170_2061542.jpgAさん、1カ月前、尻もちをつく。

お尻が痛くて座れない。歩行時、お尻~大腿裏面が痛む。

ある整形クリニックを受診、梨状筋症候群かもしれない。

改善しないので、大きい病院を受診。

MRIでヘルニアを指摘される。

仙骨ブロックなど受けるも改善せず。

手術が必要といわれる。

ネットで調べて当院受診。

尻もちをついたところに強い圧痛あり。

その部分に局所麻酔を注射する。

すぐに、症状軽減。

次の日、歩行は普通になる。痛みは大幅に軽減した。

医師は決して頭のよい集団ではないということをよーく覚えておいたほうがいいです。

この症例はすごく単純です。

それが2か所の医師が上手に対応していないことに驚く。

難しく、難しく考えてしまうのでしょうかね~。

お尻を強打したあと痛みが引かないだけなんですね。

これを放置すると、慢性的な臀部痛になってしまうこともあります。

レントゲンを撮って、「骨は大丈夫です」だけではだめです。

注射をしたほうがいいことを告げましょう。最終的な判断は患者さんがすればいいですが。




[PR]

by junk_2004jp | 2012-01-20 20:12 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 痛いから攣る(凝る)のか、攣る...      歌丸さん、3回目の手術をするんだって >>