心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 27日

椎間板ヘルニアが痛みやしびれの原因ではありません。


椎間板ヘルニアの手術をしたがよくならない方からのメール

右足の激痛に耐えれずひどい時はつま先を地面につけるだけで激痛、椅子に座るとさらに右足が激痛、特腰椎椎間板ヘルニアと診断され(腰痛はなし)地元の病院に約三ヶ月入院後に**の病院にて12月にPELD手術を受けました。

・・・・・・・

とにかく椅子に座ったときの痛みが一番困ります。 一時期は常に胸を張って背筋を伸ばしてしか座れませんし、なぜかうつむくだけでも右足がつま先まで痛みました。 見た目は足を引きずることもなくなり走ろうと思えば走れますし、でも自分の体じゃないみたいです。


_____________________________

掲示板より

僕は、実は、ここ2年くらい、左首~肩~腕を動かしたときに走る痛み、指先のしびれで、頚椎ヘルニアと診断され、最期、手術を受けましたが、手術のあと、首~肩には痛みが再発してます。

今頃になって、「筋筋膜性疼痛症候群」の病気の存在を知り、・・・・


______________________________

椎間板ヘルニアが原因で痛みやしびれが生じることはありません。

痛みやしびれの原因は筋性疼痛です。筋肉の攣りが原因です。

椎間板ヘルニアは健常人でも普通に見られる変化で、特に心配なものではありません。これらは痛みの原因ではなく、筋短縮や外力の結果なのです。

そもそも神経線維が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるという生理学がありません。

早期に筋肉に対して治療すべきことです。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-02-27 21:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by ヒロ at 2012-02-28 11:19 x
ヘルニアではなかったのでしょうね。ヘルニアであれば、手術療法で劇的に症状改善する症例が多数あります。
Commented by junk_2004jp at 2012-02-28 16:07
手術は最大おプラセボですからね。


<< 脊柱管狭窄症と診断されていた8...      圧痛点ブロック >>