2012年 03月 01日

椎間板ヘルニア

今日は遠方から腰椎の椎間板ヘルニアという診断を受けた患者さんを二人診た。

一人は手術をしたがよくならない、もう一人の方は手術はしていなかった。

二人とも、肩こりなどもあり、広範囲に筋痛があった。

椎間板ヘルニアによって痛みやしびれが生じることはない。

痛みやしびれの原因のほとんどは筋肉にある。

不安や抑うつ状態も大いに関係がある。

痛みやしびれが不安・抑うつ状態をつくり、不安・抑うつ状態が痛みやしびれをつくる。デフレスパイラルだ。

痛みやしびれがあるとき、真っ先に診るのは筋肉だ。それからストレス状態だ。

早期治療はとても大切。

腰痛の80%は原因不明とか、椎間板ヘルニアが痛みの原因だとか言っている時代はもう終わりにしましょう。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ、骨折など特異的な病気以外は筋痛症だ。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-03-01 21:27 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by こたつ at 2012-03-03 10:38 x
昨日はありがとうございました。今日は朝からちゃんと腰を伸ばすことができました。急性痛のうちに治す体験が実際に出来てよかったと思います。
Commented by lonely-wan at 2012-03-11 11:29 x
加茂先生、ありがとうございました。
毎日、痛みとの闘いですが、頑張ります。
やっとのことでブログを作ってみました。
Commented by junk_2004jp at 2012-03-12 21:14
成功を祈る!


<< 筋骨格系の痛み・しびれ      脊柱管狭窄症と診断されていた8... >>