心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 10日

エリオット・クレーン:慢性痛の謎

「痛み」を何かの兆候だと思うかもしれませんが、神経が反応を繰り返し、痛み自体が恐ろしい病気になってしまうことがあります。エリオット・クレーンは、手首の捻挫が悪夢と化してしまったある少女の話を始めに、慢性痛の複雑な謎について、慢性痛がどのように機能するか、そしてどのようにそれを対処するかについて語ります。


http://www.ted.com/talks/lang/ja/elliot_krane_the_mystery_of_chronic_pain.html?source=facebook#.T6pXRiWOQnu.facebook

Facebook でこのビデオをみつけました。とてもよい内容なので紹介します。

慢性痛症という新たな病気が出来上がるのです。

痛みは早く消してしまうことです。

従来の痛みの説(軟骨や椎間板の変性、ヘルニア)は間違いです。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-05-10 00:06 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by こたつ at 2012-05-11 11:07 x
いつもお世話になっています。動画のご紹介ありがとうございます。先生にはいろいろな箇所の痛みを診ていただいていますが、やはり最後まで残っているのは、昨年10月に他院で手術をうける要因となった痛みです。脊柱間狭窄症(椎間孔狭窄)とのことでした。今だに日常にも困る痛みが残っています。「体さえ治せば明日があるさ」と職を辞して手術に望みましたがいまだに今後に自信が持てません。それでも得意を生かしてスポーツの観点からコンディショニングを考える勉強をしています。自分の体を使いながらちょっとしたことで痛みの度合いが変化するのを驚きとともに観察しています。「先生のおっしゃるとおりだな」と改めて確認することもしばしばです。これからもお世話になると思いますがよろしくお願いします。
Commented by mako at 2012-05-11 23:52 x
動画の女の子は、麻痺していましたが、痛みがありました。
私の右足も、指が上に上がりません。麻痺していると、無理かもと言われました。足が痛む場所は、日によって違います。
右足の脱力は、ここ10年をかけて、悪化してます。MRI 等、画像では分からなく、治療法が分かりません。このままでは、将来、車椅子生活になるのではと、不安で仕方がありません。
自動車で、ヒヤッとしたり、子供が、鼻血を出したりするのを見ただけで、右足に電撃が走り、筋肉が収縮します。抗不安薬と抗うつ剤飲んでます。先生のHP でリンクしていた一番近い地方の病院で、筋肉に麻酔を2週間に一度で、数回打ってもらいましたが、なかなか、遠くて、足繁く、通院できません。やはり、間隔をあけず、頑張って通院を、続けるべきですか?
Commented by junk_2004jp at 2012-05-12 23:39
麻痺といっても神経性の麻痺ではなくて、筋原性の麻痺ですね。だから回復したのでしょう。

貴方の場合も下腿の筋肉に原因があるのではないでしょうか。
Commented by mako at 2012-05-13 11:24 x
コメントに対するご返信、ありがとうございました。
希望が出てきました。治療を再開してみます。


<< MPS研究会・入会歓迎      トラマドールが著効した2例 >>