2012年 08月 09日

精神的な痛み?

「精神的なものといわれていたが、ヘルニアの手術をしたら、すっかり治った。ヘルニアによる痛みだったのだ。」

この文章に対して

「ヘルニアの手術をしたらすっかり治ったのなら、それは精神的な痛みだったのだ。」

ということもできます。

痛みとは脳の認知と反応で「個人的体験」と定義されています。

つまり、精神が関係しない慢性痛はありえないのです。生物・心理・社会的疼痛症候群といわれています。

精神的をもう少し詳しくいうと

1)心身症レベル;「心身症とは身体疾患が確立していて、症状が環境によって変化するもの」ほとんどの痛みはこれですね。心療内科がこういう痛みをみます。

2)精神科レベル;身体ー脳の関係がない、脳内だけの妄想的な痛み。松葉つえをついたり演劇的なことが多い。病態を理解できない。詐病ではない。

1)2)を区別するのは難しいことがあります。2)は診断というより、鑑定という感じでしょうか。

1)も2)精神的とか心因性という表現を使うことがありますね。つまりどのような痛みも脳が関係しているのです。

だから私は精神的とか心因性という言葉は使いません。

不安の人、こだわりの人、完全主義の人、全か無的な考えをする人は、医師からヘルニアの画像をみせられた瞬間から、痛みとヘルニアを強く意識をしてしまうものです。

脳内にぬぐいきれないネットワークができる。




[PR]

by junk_2004jp | 2012-08-09 01:50 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 急性痛はその場で結果をだせ!      第一人者の間で大きく見解がちが... >>