心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 24日

ヘルニア術後

掲示板より

私は1年半ほど前に腰の激痛と右下半身の痺れでヘルニア除去手術をしました。

痺れは取れなかったものの、痛みはほぼ解消したのでほっとしていたところ、8ヶ月前からまた痛みも痺れも酷くなってきました。

その間、整骨院でのマッサージ等でしのいでいましたが、ここ4ヶ月ほどは我慢の限界を超えてきています。立っても座っても寝てても痛いような状況です。

MRIも脳内から骨盤まで撮りましたがヘルニアはキレイにとれており、映像からは原因不明との事。

まだ30代ですが、肉体的にも精神的にもまいってしまい仕事も趣味も手につきません。


ヘルニアがあればヘルニアのせい、ヘルニアがなければ原因不明(分からない)。これではだめです。

ヘルニアが痛みの原因と信じてる医師は上記の痛みは非器質性疼痛(心因性疼痛)というでしょう。

ヘルニアの有無にかかわらず、痛みの本態は筋・筋膜性疼痛です。筋肉の強いspasmが痛みの原因です。

慢性痛となれば痛覚系そのものの不具合となります。(中枢性感作、末梢性感作)

[PR]

by junk_2004jp | 2012-08-24 14:07 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< Chronic pain is...      ファイザー(株)のリリカのサイト >>