心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 29日

Chronic pain is learned pain

慢性痛は学習された痛みだ。(中枢性感作)



その学習に医師が一枚かんでいないか。

「ヘルニアや脊柱管狭窄で神経が圧迫をうけて痛い」なんて非科学的な説明を受けると、"痛みの学習”はより強いものになるだろう。画像で見せられるとなおさらだ。

軟骨が減っているので痛い、半月板や椎間板が傷んでいるので痛いなども非科学的だ。

このような非科学的な診断が日本中にあふれている。

これでは慢性痛が増えるはずだ。成人の5人に1人が慢性痛をかかえているという。

b0052170_19414534.jpg

b0052170_19421563.jpg

b0052170_19424411.jpg


この写真の時代、地域はたぶん今の日本ほど慢性痛をかかえる人は少なかったのではないか。

医師も少ないし、レントゲンやMRIも身近にはないのだから。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-08-29 19:46 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症という診断から患者...      ヘルニア術後 >>