2012年 08月 30日

脊柱管狭窄症という診断から患者さんを守ろう

http://junk2004.exblog.jp/16352873/

http://junk2004.exblog.jp/13049330/

b0052170_18265166.jpg
Aさん(60才代、男性)は20年ほど前より腰痛もちでしたが、時々のブロック注射でしのいできました。

最近になって、両下肢のしびれもひどくなりいわゆる”間欠性跛行”を呈するようになりました。

脊柱管狭窄症の手術で有名な病院にいきました。

「これは手術しかない」との診断で手術をしました。

一か月入院。痛み、しびれは完全にとれました。

次の一か月は休業して、プールで歩いたりして養生しました。痛みやしびれはほとんどありませんでした。

手術から3カ月目、普通の生活にもどると、また以前のように痛み、しびれがでるようになりました。

現在はまた以前のような痛み、しびれに悩まされています。手術の効果はわずか2カ月だったのです。それは神経が解放されたからなのでしょうか?

私「脊柱管狭窄があっても無症状の人がたくさんいます。」

Aさん「知っています。神経根に注射をして効けばそこが原因だと聞きました。」

私「それは間違いです。神経根は痛みの通り道だったということです。そこが原因だったということではありません。結局痛みのメカニズムを誤解しているのでしょう。」

私「腰下肢痛に対して脊柱管狭窄症と診断するのがブームになっていますが、私はその説には反対しています。」

Aさん「私の知人の中にも何人か手術をした人がいますが、よく持って半年でまた痛くなるといっています。」

私「痛みの神経の通り道が狭くなっているからといって痛みやしびれが生じるとは思えません。」

私「二本脚で立って60年間生活をするということは、いつも重いものをもっているということと同じです。このようにバーベルをもっていると、肘や手が痛くなったりしびれたりしますね。休むと治るがまた持つと痛むなる。それと同じことだと思います。」

b0052170_18521764.jpg
  

私「これをみて、だれも頚からきているとは思わないでしょ。テニス肘と診断されますね。テニス肘もひどくなると、腕全体に痛みがひろがります。夜間痛がひどくて眠れないことだってあります。」


[PR]

by junk_2004jp | 2012-08-30 18:53 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 「頚椎後縦靭帯骨化症+広範囲脊...      Chronic pain is... >>