2012年 09月 05日

MPSを知らないための悲劇・・・嘘のような本当の話

Aさん(50歳代、女性)は腰も膝も痛くない元気な方でした。

昨年の1月、風呂掃除をしていて、急に左膝に痛みが走り、動作が困難になりました。

病院を受診して「膝が痛い」というのに医師は腰からだといいました。

2月に「外側ヘルニア」という診断で手術をしました。

術後、左下肢の痛みしびれはますます強くなり、痛くなかった腰まで痛くなりました。

半年間入院しましたが、よくなりませんでした。

他の病院に行き神経根ブロックをしたら一過性に症状が軽減したのでやはり腰が原因だとなり、固定術をすすめられました。

当院受診のときは杖をついて、やや前かがみで歩行しています。

内側広筋と、腰の圧痛点(術創の付近)にTPBをすると、杖なしでまっすぐ歩かれました。

この症例、最初に私のところに来ていたら、レントゲン一枚も撮らずにその場で治すことができたことでしょう。

内側広筋のMPSです。

医師がMPSをしらないがためにこういうことになるのです。

b0052170_228253.jpg


医師はその腰痛を、新たな所見と推定されるMRI上の構造的異常、すなわち線維輪の断裂、椎間板の突出、終板の変化に起因していると推測することが、ままある。その結果、推定された病因の治療につながる手順が実行に移される。しかしこの診断過程は大抵無駄な骨折りになる。(FILE500)


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-05 22:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(12)
Commented by hase at 2013-01-12 06:54 x
初めてコメントさせて頂きます。
検索をしていて、こちらにたどり着きました。失礼とは思いましたが、ご連絡させて頂きます。
Aの娘です。

先日、執刀医に相談しましたところ、神経を損傷しているために、2年近く傷みと痺れが、続いており、神経の損傷の場合は、治らない。と言われました。

今週末にまた、執刀医に話を聞きにいく予定です。

神経の損傷があるのでしょうか?

母は、加茂先生のところに通いたい意思はあるのですが、帯状疱疹になり入退院をしまして、遠方なので、しばらく通院ができない状態にあります。

先生のところに通院を続けさせたほうがよろしいでしょうか?
少しは改善しているのでしょうか?
Commented by タク at 2013-01-12 12:19 x
はじめまして。

「神経が損傷してる」
既に①「外ヘルニアが原因で損傷してる」のか②「手術の際、神経をメスで誤って…」

執刀医は①だと言うでしょうね。手術の際、肉眼で神経をみれるので整形外科医なら判断できるかもしれません。その辺どうでしょう。

その様に執刀医が言うなら、カルテに所見がかいてあるかもしれません。
手術の目的は痛みを取る事なのですから、この所見は痛みに関して重要な事だと思います。

それか、執刀医が記憶で言ってるのか?
カルテor記憶で言ってるのかぐらい聞いてみてもいいと思います。「神経が損傷してたのでしょ?」

神経が損傷してる判ったのは何故か。血液検査?レントゲン?MRI? 実際に神経を肉眼で確認したから? 理学的検査?

カルテはある条件で患者も見れます。ここでは詳しく述べませんが、地域の医師会(都道府県の医師会がいいです)に尋ねると教えて頂けます。私も何件か自分のカルテを持ってます。
娘さんだとご本人でないので個人情報保護上、引っかかるかもしれません。
Commented by junk_2004jp at 2013-01-12 14:19
私のところで治療してかなりよくなりましたね。
続けて治療してください。
ちょっと専門的な言葉になりますが、腰のところは、刺し傷(手術創)のあとがいつまでも痛いのです。以前はRSDといいました。自律神経反射性疼痛ともいいます。最近CRPSといいます。
大腿部の痛みは腰と関係ない慢性の筋筋膜性疼痛です。
診せにいらっしゃい。
Commented by hase at 2013-01-12 23:15 x
加茂先生、タクさん、お返事くださり、ありがとうございます。

母は、術後、術前とは違う症状が左足に出ました。
痺れが出て、痛みはより痛くなったため、神経が損傷しているのではないかと、執刀医の先生に、問わせて頂いたのですが、
手術中に神経を持ち上げたり、神経に触ったりしたために炎症が起こっているための傷みであり、一過性のもので、時間がたてば治るという説明でした。
後遺症として残るものや進行性のものではないというお話でした。

激しい痛みや、浮腫みもありましたし、CRPSではないかということも、術後半年の入院中に確認させてもらっていたのですが、違うという解答でした。
Commented by hase at 2013-01-12 23:19 x
正月明けに、母と執刀医の先生の話を聞きに行きましたが、MRをみても以前とかわらない。という解答で、
MRをみても、手術跡は、繊維などで黒く写っていて解らないという話でした。

その後、痛みが続いている理由を聞くと、神経を損傷している為だと言われました。

手術で損傷したのかとお聞きしましたところ、執刀医は、ヘルニアにより始めから傷ついていたと主張すると言われました。

術後に違う症状が出た件をお聞きすると、始めから神経は傷ついていて、手術をきっかけに表面に現れたんだと言われました。

タクさんの言うように、カルテを見せてもらうほうがよいのでしょうか?
見せてくださいといえば、見せてくださるのでしょうか?
Commented by hase at 2013-01-12 23:27 x
土曜日診察の19日に改めて主人と一緒に、執刀医の先生に、症状と今後の治療についと聞きにいくつもりです。
何をどう聞けばよいかも解らない状態にあるのですが、またご相談させて頂けるとありがたいです。

母は、あちこちの病院で、この2年たらい回しのようにされて、加茂先生だけが、唯一治るといってくださったと聞いています。
私の手紙も、先生が読んでくださったと聞いています。
ありがとうございます。

母は、リリカを飲んでいたためか、帯状疱疹に気づかなかったので、初期治療が遅れて、長めに入院していました。
落ち着きましたら、加茂先生のところに伺うようにすぐ伝えます。
Commented by hase at 2013-01-12 23:40 x
今すぐ、私もお話をお聞きに伺いたいのですが、8月に出産したばかりで、さらに遠方に居ますので、すぐにはうかがえない現状です。

こちらのblogをみせて頂きまして、
「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」「腰痛は脳の勘違いだった」という本を今日すぐ注文させて頂きました。
届き次第、読みたいと思います。

CRPSではないと主治医に聞いていたのですが、先生の見解を聞いて、症状が進行性のものではないかと、心配になりました。
大丈夫でしょうか?
またご相談させてください。

文字制限がありましたので、分割投稿ですみませんでした。長々とありがとうございました。
他の皆様も、私事で、申し訳ありませんでした。
Commented by junk_2004jp at 2013-01-13 03:09
進行性のものではありません。

大腿部の痛みは腰と関係のない、内側広筋、外側広筋のMPSです。

腰の痛みは手術創の部分にあります。これは言ってみれば、「刀傷の部分がいつまでたっても痛い」ということです。RSD=CRPS
Commented by hase at 2013-01-13 08:38 x
真興交易医書出版部発行の「複合性局所疼痛症候群(CRPS)」を読んで、委縮症状が、進行したらどうしようと、心配していました。
先生に、進行性でないと言っていただいて、安心しました。

母には、体調が落ち着き次第、病院に出向くように伝えます。

今後も、宜しくお願いします。
Commented by タク at 2013-01-13 13:50 x
見たい場合はみれますよ。条件があります、個人情報保護上、本人が請求するするのがベターです。詳しい手順は医師会にお尋ね下さい。コピーは手間賃程度かかります。

ただ、そうするとお医者さんと気まずい雰囲気になりますね。私はもう、どうでもいいと思ったので。ただ、医師はそのことを知らない場合があります。私も実際拒まれました。で面倒くさいから、医師会で聞いたことを話しました。だから、ご覧になりたいのなら医師会で確認したから担当医にアタックするのがいいです。
Commented by タク at 2013-01-13 13:53 x
その際、申し読み用紙で、「どこの病院」って記入欄もある場合があります。適当な病院を想定しておけばいいと思います。ただ、そうするとお医者さんと気まずい雰囲気になりますね。私はもう、いいと思ったので。

何なら、MRI,CTレントゲンは貸し出し可能です。医療機関は保管義務があるので絶対返さないいけないのです。
一昨日ちょうど、私のMRIデータのCopy貰ってきました。CDROM。1860円。ここで個人情報なので免許のコピーを取りました
Commented by タク at 2013-01-13 13:54 x
あと、私の最初のヘルニアの診断だったのですが、そのMRIを借りようとおもったのでうすが、データが飛んで無くなってました。
技師曰く、「丁度、タクさんのところのハードディスクのデータが飛んでしまって」本当だかかどーだか。

無くならないうちに、手元にと思いました。


<< 脊柱管狭窄症の手術の予約をキャ...      痛みの損傷モデルは失敗だった >>