心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 07日

神経障害性疼痛だとするとこの矛盾をどう説明するのか

ファイザー(株)のリリカのサイト

b0052170_11195871.jpg




ガスそのもの・・・・髄核のTNF-α関係なし。おならみたいなもの。そんなもので圧迫されても痛みがでるのか?(そもそもなぜここにガスがあったのか、たぶん造影などのときか?)



いずれも神経は正常だ。術中の観察でもとくに異常はない。神経は正常と言っている。

圧迫を取り除いたらただちに改善をする神経障害性疼痛なんてありえない。

治ればなんでもいいでは科学ではない。

心霊手術でも祈祷でもよいことになる。


[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-07 11:27 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by junk_2004jp at 2012-09-07 13:59
科学をすることが失礼になるとは思わない。

Commented by 患者 at 2012-09-07 19:14 x
最初の動画の手術前と後の写真は、骨の形が異なる別の患者では?と言われた
ものですね。後の写真は円印の上は圧迫してませんか?テレビなんてそんなもんですよ。
Commented by タク at 2012-09-07 19:35 x
このことでしょう? by 健作係長
http://junk2004.exblog.jp/13802349/
Commented by 患者 at 2012-09-08 21:15 x
タクさん、そうですね。先生の指摘でしたね。


<< ガキでも分かる生理学      脊柱管狭窄症の手術の予約をキャ... >>