心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 14日

痛み・しびれの原因

脊柱管狭窄、椎間孔狭窄、椎間板ヘルニア、外側ヘルニア・・・・なんでもいいですが神経を圧迫して痛みやしびれが生じるというのは間違っています。

ヘルニアの高位とデルマトームがあうとヘルニアが原因、あわないと原因不明というのが一般的な医師の診断です。

これは診断のアルゴリズムがおかしいと思いませんか。

そもそもなにが原因で痛み・しびれがでるのか診断できないといけません。

偶然にヘルニア高位とデルマトームがあえば、それが原因だというのはおかしな話です。

高位が一致しない場合は無症状のヘルニア、無症状の狭窄症ということで、なぜ痛いかについてしゃべることができない。

手術をする医師は痛みやしびれに精通しているものと思っているでしょう。ところが全く知らないのです。だからデルマトームに一致しない場合は分からないということになります。一致したようにみえても正しくはないのですが。

そのほかに、神経根ブロックがあります。神経根ブロックが効いたらそこが原因、効かなかったら、分からない(心因性)なんていうのもへんな話ですね。

なぜこんなことになったのか。

それは痛みを勉強しないで脊椎を勉強したからです。そして正常でないものが痛みの原因だと思ってしまったのです。そして手術をするのはとても危険です。

それにしてもこのデルマトームに完全に一致することはないです。

b0052170_015346.jpg


病態生理に関する事実無根の概念を患者に押しつけ、治療に携わる医師の私的見解を患者に披露する複雑な治療行為の1要素である。患者はこれらの診断によって永遠に変えられるが、良いほうに変えられることはあまりにも少ないと博士は主張した。(FILE166)


この割合は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。・・以前この手術(ヘルニア手術)を熱烈に支持していたマイアミ大学は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。(FILE417)
  
いまだに腰痛の解剖学的発生部位を探している研究者もいますが、そのような研究はおそらく役に立たないだろうという意見が大半です。(FILE89)

[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-14 00:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(9)
Commented by Kさん at 2012-09-14 08:55 x
痛みや痺れは実際に 怪我をし、痛くなった本人しか解りません。

NSP(筋膜性疼痛)この病名の人、全国に沢山います。

痛みの原因とか こんな記事書く前に MSP研究会に参加して 勉強をするべきだと思う。
Commented by 柔整師 at 2012-09-14 11:05 x
私もヘルニアなどによる神経根の圧迫により痛みが出るというメカニズムは矛盾があり、信じていません。しかし脊柱管狭窄症の説明で最近よく見るのは脊柱管内の血管が圧迫されて下肢がしびれたり脱力感が出たりするという説明を見ます。血管の圧迫によりその遠位の箇所でしびれが生じるという説明は理屈としては合っているように思います。神経根の圧迫で、その遠位に痛みが生じることはない、というのはとてもスジの通った論理だと思います。 脊柱管狭窄による血管の圧迫で下肢へのしびれが出ることはありえないという論理的な説明はありますか?
Commented by junk_2004jp at 2012-09-14 15:19
筋肉への血液供給が減少すると痛みが出やすいと思います。(閉塞性動脈硬化症)

神経根への血液供給が不足すると神経が発火するという生理学上の理論はありません。

ヘルニアの時は炎症、脊柱管のときは血流、・・・・苦し紛れのいいわけです。

異所性発火が起きるメカニズムをいろいろいいわけしているように思います。
Commented by 柔整師 at 2012-09-14 20:22 x
加茂先生ご回答ありがとうございます。
私も構造欠陥による腰痛モデルは否定的ですが、それらのどの論理も破綻していると自信を持って説明出来るようでないといけないと思っています。狭窄による血管圧迫→下肢の阻血→痺れ  というモデルの否定が自分の中でしっくりこなくて。 画像診断と症状の関連性が認められないから狭窄症なんてデタラメだというのも一つの論で、これはこれで納得いくのですが、どうも痺れの発生するメカニズムはなかなかイメージ的に否定出来なくて・・
Commented by junk_2004jp at 2012-09-14 21:12
重い鞄を長時間もっている、鉄棒に長時間ぶらさがるなどでしびれを実感できるでしょう。
Commented by kさんへ at 2012-09-15 00:30 x
このブログの先生は、MPS研究会の発起人ですよ。
MPSを昔から広めている第一人者の先生です。
Commented by タク at 2012-09-15 02:20 x
がばん持つってこういうのでしょ。
http://junk2004.exblog.jp/13064961/

トリガーポイントの話になれば、日常のよくある動作でトリガーポイントが出来るようで…
http://www.youtube.com/watch?v=P-ljVkkBWQE&list=PL24DA4984E4CF0F8D&index=35&feature=plpp_video&hd=1
Commented by タク at 2012-09-15 02:59 x
http://junk2004.exblog.jp/7013360/
組織酸欠で発痛物質が生成するでしょう。炎症メディエーター。神経線維も炎症の材料になる(P)リンを持ってるのだから発痛物質が生成する事は否定できません。神経線維も炎症するかもしれません。でも、その遊離した炎症メディエーターが受容体に取り付かないと、痛み信号が生成されないでしょう。脳と受容体を結ぶコード、つまり神経線維に炎症メディエーターがくっついても信号は発生するか?と言う問題。
今話題にしてるLCSで 馬尾のすくそばの侵害受容器を感作したのなら、「脊柱管の中が痛いです!」ってなるのでは。

じゃ、痛みと痺れは…?
http://junk2004.exblog.jp/5618946/
Commented by 柔整師 at 2012-09-15 10:28 x
加茂先生、タクさん 解説ありがとうございます。
重いカバン、鉄棒ぶら下がりでのしびれはわかりやすいですね。
考えてみれば下肢に行く血液のほとんどは脊柱管と関係ないですよね。脊柱管で血管の圧迫が起こると下肢への血流が止まるイメージが出来てしまって・・ お恥ずかしいです。


<< 整形の医師よしっかりして!      患者さんから >>