心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 17日

Failed Back Surgery Syndrome

Failed Back Surgery Syndrome とは

Failed・・・・・失敗した

Back Surgery・・・・・脊椎手術

診たてや技術に問題があったということではなさそうだ。

手術という外傷に対するCRPSだと思う。

これを防ぐのに全麻のときでさえ切開部に局所麻酔をうつ。手術の痛みの電気信号が脳に行かなくするためだ。(先取り鎮痛)

FBSSはその程度はいろいろだが」切開が大きい場合は多くのケースで皮膚や筋肉が攣っていて苦痛の原因となっている。

Aさん(30代)は後ろに置いた鞄を持ち上げようとしたとき、ギクッと音がして立てなくなった。

このとき、ヘルニアが生じたのか以前からあったのか・・・・どちらでもいいが

ヘルニアの手術をしてその結果、現在は痛みのため車いすを使用している。

鞄を持ちあげなければよかった。

手術をしなければよかった。

悔やまれるがどうにもならない。

必用な手術ならあきらめもつくが・・・・・

たかがぎっくり腰で・・・・

受傷時にヘルニアが生じたとしても、ヘルニアがワルサをしているのではない。ヘルニアは放置でよい。

筋肉が激しく攣っているのだから、そこに向かって局麻をうてばいいのだ。

どれだけ長引いたとしても1カ月もあれば治癒しただろう。

むだな手術はしてはいけない。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_41.htm

腰椎術後の5%~50%にFBSSが発生する。Rishらは文献上15,000人の椎間板手術患者の成績を分析して20%に症状の持続を認めている。米国では年間37,500名のFBSS患者が新たに生まれている。






[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-17 00:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by 患者 at 2012-09-17 16:01 x
「無駄な手術をしてはいけない」
とても重い言葉ですね。


<< 5人の方が自ら命を絶たれました      整形の医師よしっかりして! >>