2012年 09月 19日

周囲の無理解に対して説得するのはたいへんだ

Aさん・・・・・手術しないのは怖い、という私情と怠惰なのでは…?と上司から言われました。

Bさん・・・・・宗教のような思い込みをしていると思っています。 (当院を受診することが)

Aさんは病院勤務です。

Bさんはヘルニアかもしれないと診断を受けていました。Bさんは2日間当院に来院されました。

私の診断はうつ状態に伴う腰部の筋痛症です。家に帰ったら心療内科を受診されたらいいと思います。

私は科学的に説明しています。

ヘルニアが原因というのが宗教的なのです。

有名な生理学者Patrick Wallは次のようにいっています。

神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。


先日のビデオでヘルニアの実態が理解されたでしょ。

未だにヘルニアが痛みやしびれの原因だと信じている人がいます。

無駄な検査を受けてかえって治り難くするのはやめましょう。

私は10年以上前からネットで主張しています。

その後

Bさん・・・・・>うつの話を主人にしましたが、やはり受け入れてもらえず、甘えてるだけだと言われてしまいました。一番理解してほしい人にわかってもらえないのは、すごく辛いですね。でも今までひとりで悩んでたことを、先生に気づいてもらえただけでも楽になりました。

うつはみかけよりうんと辛いものです。甘えているのではありません。がんばって来た結果なのです。休養が必要です。



[PR]

by junk_2004jp | 2012-09-19 18:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 慢性痛は社会問題、医師からの改...      5人の方が自ら命を絶たれました >>