心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 06日

半月板

掲示板より
僕も半月板損傷で右2回、左1回手術していて、左の膝が1ヶ月前から痛いです。MRIはまだ撮ってませんが、たぶん半月板損傷再発でしょう。。。

手術を決断する前に一度診察受けにいこうかと思っています。

理論的な話よりも、実際ご本家のの加茂先生に診察してもらったほうが早いので行きます。では。。。


b0052170_21522347.jpg本日診察にこられました。

両側の内側広筋、外側広筋に強い圧痛がありました。その部位に局所麻酔を注射するとただちに痛みがなくなりました。

これは診断にもなりますが治療にもなるのです。

お話を伺うと以前にスクワットをやっていたということです。

スクワットは伸張性収縮で、筋肉を傷めることがあります。

両側の内側・外側広筋を傷めて「ワケあり筋」になってしまったのです。

ちょっとしたこと、疲労でそのワケあり筋が攣って痛みを起こしているのです。

半月板は健常人でも膝痛人でも同じ割合(中年で50%以上)で損傷がみられると言われています。

半月板の障害が現在の痛みを起こしているという生理学的な証拠はありません。

半月板の手術をしても痛みの続くケースはめずらしくありません。

手術が効果があるとすればプラセボなのでしょう。

http://o-medicine.net/oriental-medicine/knee-osteoarthritis-patients/

今回の注射は一時押さえではなく、痛みの悪循環をリセットするということです。1~数回必用なことがあります。

半月板が傷んでいる、軟骨が傷んでいる、といわれている膝痛はMPSなのです。

分かりやすい表現をすれば「膝コリ」です。

膝痛が起こるたびにMRIを撮って手術を受けていたのではたいへんです。

早期に除痛することが慢性痛になるのを防ぎます。

Face Book 澤田先生のコメント
私の息子もサッカーで膝が痛くなり 昨年秋大学病院でMRI。その結果 半月板損傷と言われ手術を勧められましたが 冬休みに内側広筋のトリガーポイント注射を行いストレッチ運動、数回の治療で、その後元気にサッカーやってます。


[PR]

by junk_2004jp | 2012-10-06 22:05 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 慢性痛を少なくするには      適切な保険病名がほしい >>