心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

メールでのご相談

突然のメールすみません。30代の女性です。

8月に顕微鏡下でL5/S1椎間板ヘルニアの摘出手術をしました。手術は最初は消極的だったのですが、日ごとに激しくなる痛みに耐えきれず、手術を決めました。

そもそも、私の椎間板ヘルニアに対する認識が低くかったと思います。

術後、痛みは残りましたが、日にち薬で取れていくものだと思ってました。

しかし2週間くらいして、歩行のリハビリをしていたら、痛みが強くなり、50m歩くと痛みで脂汗が出てきて、歩くのが耐えきれず、MRIで再検査となりました。


上記の文で始まるメールをいただきました。返信を試みましたがなぜか送信不可でした。この場でお答えします。

私はヘルニアによって痛みが生じると思っていません。

「ヘルニアが神経を圧迫して痛みやしびれが生じる」という説には生理学からみて納得のいく説明ができません。

健常人でもかなり高率にヘルニアがみられます。

臨床経過も手術と保存的治療ではほとんど差がありません。

筋筋膜性疼痛症候群です。

筋肉が攣っているのです。

筋肉に対して治療してください。

[PR]

by junk_2004jp | 2012-10-22 22:45 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by ひつまぶし at 2012-10-27 16:00 x
主治医に勧められるままヘルニアの手術をしたものの、新たな(別の)痛みを背負い込んで苦しんでいる方に最近知り合いました。
その方の奥様が言うには、「なんで手術なんかしたんだろう、もっと考えればよかった」という自責の念、「なんで手術なんかしたんだ」という医師への恨み。
そこにどっぷりつかったまま、「筋肉に焦点をあてて治療する」という新たな方向へ、まだ新たな一歩を踏み出せずにいるご様子です。
痛みを手放すためには、その過程の中で、自責の念と誰かへの恨みを手放す段階を経る必要があるのかな・・・と、ちょっと考えさせられました。 
あなたが悪いんじゃない。 これからが大事なんだ。 そう言いたいです。


<< ブログのフアンより      針が神経にあたった?医師の言葉... >>