2012年 11月 21日

慢性痛というあらたな病気

私が医師になった昔は「慢性痛」という概念はなかった。

最近「慢性痛」という概念がさかんにいわれるようになった。

痛みの電気信号が脳に入力することが続くと中枢性感作が生じる。

中枢性の痛覚過敏だ。

ワインドアップ現象、長期増強といったことが起きる。(検索してみて)

これは対応可能な急性痛から対応困難な慢性痛に移行することだ。

慢性痛にならないようにするには早く痛みを止めることだ。

昨日MRが「慢性痛の薬物療法」という小冊子をもってきてくれた。

内容は、抗うつ薬、抗てんかん薬、ガバペン、プレガバリン、オピオイドが書かれていた。

著者は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの神経根性痛を認めている有名な整形外科医だ。

これはちょっとおかしくないか。矛盾している。

脊柱管狭窄が痛みの原因ならば、一刻も早く解放しなければ慢性痛になる。

ヘルニアが痛みの原因ならば、一刻早く除去しなければ慢性痛になる。

しかし、そのような説明は聞かない。

手術をして慢性痛になった人をたくさんみてきた。

その医師は「慢性痛」という最近はやりの概念をプレゼンテーションすることはできないことだろう。

病名のブームは製薬会社がもたらすように思われる。

骨粗鬆症・・・・・・ビスホスホネート製剤

うつ病・・・・・・・・・・SSRI,SNRI

高脂血症・・・・・・・・スタチン系製剤

脊柱管狭窄症・・・・プロスタグランジン製剤

次々と新しい薬剤がでてくることはいいことだ。

製薬会社はその道の第一人者といわれている有名医師にいろいろと解説をかいてもらったり、講演してもらうわけだ。

開業医はそこから情報をえていることが多いのではないか。

このようにして病気のブームがつくられる。

そういうことで最近は「慢性痛」というわけ。

トラムセットやノルスパンテープ

リリカは神経障害性疼痛という適応なのだが、これはどうでも取れる。実質的には慢性痛の薬剤だ。

脊柱管狭窄症やヘルニアが痛みの原因になるといっている人が慢性痛を論じるということに違和感をかんじないか。

言葉は印刷物として残る。こわいことだ。

慢性痛のほとんどは筋痛症なのだ。(chronic myofascial pain)

痛みの生理学者はこのようにいっている。

筋痛症という最もありふれているが、医師がしらない病気がブームになることは当分ない。


[PR]

by junk_2004jp | 2012-11-21 00:51 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by boribori at 2012-11-21 07:41 x
11月20日にリリカwebシンポジウムを聞きに行きました。
「脊椎変性疾患における術後遺残痛」
「術後遺残痛に対する取り組み」の2題でした。
筋性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)という考えがすっぽり抜けている講演内容だったので、残念ながら、あまり勉強になりませんでした。

今回のシンポジウムで出されたデータです。

手術後、手術部に痛みが残った人の割合

頸椎      52.6%
腰椎      37.8%
TKA・THA   43.8%
その他     21.3%

痛みが残る可能性はこんなに高いのです。それでも手術をうけますか?

こんなデータもありました。

腰痛や坐骨神経痛が全くない人でも、MRIを撮ると、
20~59歳で20% 60歳以上で40%に椎間板ヘルニアが見つかる。
そして、60歳以上の20%に脊柱管狭窄症が見つる。

ヘルニアや狭窄症があっても症状がない人はたくさんいるのです。

あと、2回も手術をしてもよくならなかった患者さんに、リリカを飲ませたら良くなったという症例を紹介していました。

「だったら、最初からリリカを飲ましていたら、無駄な手術を2回もしなくて済んだんじゃね」と心の中でつっこみました。
Commented by junk_2004jp at 2012-11-21 13:42
ありがとうございます。

そもそも診断から違うわけですね。

その痛みは脊椎変性疾患ではないのです。

ボルトは側わん症があるというではないですか。

今日のブログで、かきますね。コメント欄にうもれてしまうのがもったいないですから。


<< boribori先生のコメントより      運動しすぎなんだよね >>