2005年 02月 09日

アレルギーが腰痛のきっかけ?

さらに研究を進めることで、アレルギーと腰痛とうつ病の相関関係が明らかになるだろう。この問題は、今後も研究材料にされるだろうと思われる。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_369.htm

この話題に関して次ぎの図を思い出してほしい。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_367.htm

b0052170_1338432.jpg


アレルギーもうつも副交感神経が過度に優位で起こる病気として記載されています。またうつでは反動で交感神経緊張になるとされていますね。

b0052170_1343838.jpg


この図で交感神経緊張でさまざまな病気が起きることが分かります。腰痛などの痛みもそうです。

アレルギー、うつ、腰痛、この全く関係のないと思われる病気も自律神経のバランスの悪さということでつながっているのです。

交感神経が緊張するとその反動で過度の副交感神経の緊張がおきることがあります。むち打ちの時の微熱がそうです。やじろうべいのようです。

自律神経の不安定な状態ではある時は腰痛にあるときはアレルギーやうつになることは理解できます。もちろん同時におきてもふしぎではありません。

しかし、これらは別の診療科で診察されますね。脊椎の専門医がこのことを知っていると思いますか。腰痛の原因を構造の破綻に求める従来の考え方ではうまくいかないのはもう定説です。(私のサイトのトップページ)

自律神経は個人差があります。不安や怒りで揺れ動きます。そこが治療のキーポイントです。ストレスからの解放、ストレス管理が究極の治療です。モグラたたきのように治療していてもだめですね。しかし、人生はそうはうまくいきません。あるときは強いストレス状態になって、いろいろな症状に悩まされることでしょう。

医療の新しい基本的理念[知っておくべき新しい診療理念]より

MRIだ、硬膜外鏡だと検査をしてもこのようなことがみえてくるものではありませんね。それで間違った治療方針になりかえってストレスを強くしていくものです。

最新号の医師会雑誌の「医療の新しい基本的理念」ではNBM(narrative based medicine)物語に基づいた医療やスピリチュアリティといった医療の原点にもどったようなことをハイテク検査に偏りすぎの反省としていわれるようになってきました。

_____________

腰痛、下肢のしびれの人がいろいろ検査をうけたが異常なしといわれて、整体で「骨盤の歪み」があるといわれ治療をうけたがよくならない。整体の先生いわく、「骨盤の歪みは治ったが、交感神経が緊張しているから痛いのだ。」・・・これは詭弁ですね。最初からそういってくれよ!

検査でヘルニアでもみつかろうものなら、ヘルニアが原因と言われたことでしょう。今日あった話です。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-02-09 14:23 | 慢性痛 | Comments(6)
Commented by sansetu at 2005-02-09 16:23
>骨盤の歪みは治ったが、交感神経が緊張しているから痛いのだ。
あはは。これはたしかにインチキですね。鍼灸であれ、マッサージであれ、整体であれ、交感神経の緊張過多を鎮めることが出来なければ意味ないですからね。詭弁と言うよりは単に無知なだけでしょう。でも私も以前は無知でした。そして医療の場合、無知は罪ですね。
Commented by junk_2004jp at 2005-02-09 18:14
ヘルニアを取ったが痛みが治らない場合は「癒着がひどかった」「長く圧迫されていたので神経がもとに戻るのに時間がかかる」

これも医者がつく苦しいいいわけです。
Commented by ha_art at 2005-03-15 16:35
骨盤の歪みや姿勢が原因で腰痛や肩こりが起こっているなどと説明しているようでは、解決になりませんね。
そもそも骨盤の歪みや姿勢のゆがみは結果論ですからね。
Dr.Devi NambudripadのNAET(アレルギー除去療法)の点から見ても、アレルギーが大半の病気に影響していることは間違いないと思います。
Commented by junk_2004jp at 2005-03-15 22:50
holistic に見ることが大切ですね。
Commented by ha_art at 2005-03-16 10:34
まったくもって、その通りだと思います。
以前から、先生のサイトを見させていただいているのですが、
先生が、痛みは構造的要因ではないと確信されたきっかけはなんだったんでしょうか?なかなか、医師で先生のように言い切る方は少ないと思うのですが。
ぼくの場合は、アクティベーター理論に基づいた、神経バランスが構造ではないと確信しました、その後さらにDr.Upledger DOやDr.Nambudripad MD,DC,LAc,PhDの影響は大きかったです。
Commented by junk_2004jp at 2005-03-16 14:49
私は痛みの生理学からです。もう一つは臨床経験から。


<< 感覚としての痛み、情動としての痛み      心因が強いほど痛みは強い >>