心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 17日

月経が再開した

「痛み学」NOTE 59. 炎症・腫脹にみる合目的活動のダイナミクス③

ポリモーダル受容器は、痛覚系を過剰に興奮させる役割を担うところであり、また修復・鎮痛のポイントでもある。


最近、慢性痛の女性(30代、40代)2人にTPBをしたら、長年の無月経が改善したとのことでした。

どういうメカニズムが働くのか詳細は不明ですが、凍りついていた何かが解けたのです。

本来の鎮痛目的も手ごたえあり。

鍼でも整体でも同じ効果は期待できますね。


b0052170_10105972.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-17 10:13 | MPS | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症の新聞チラシ      手術をしてすぐに治ることがある... >>