「ほっ」と。キャンペーン
2013年 02月 27日

腰の手術をするなと友人の言ったことは正しかった。

後悔先に立たずです。

脊柱管狭窄症とヘルニアと診断され手術した方が書いたものを抜き書きします。

私の診察室にも手術をしたが痛みの続いているひとはいっぱい来られます。

どこの代替治療家のところも同じようなことではないでしょうか。

理論的な説明が不可能なのです。はっきり言って、そんなむちゃな診断はないのです。

それが保険診療で行われているのですから、厚労省も考えなくては。

b0052170_18231024.jpg


上の図でAを病名にすれば、受傷の様子だから、打撲とか捻挫。

Bを病名にすれば、ヘルニアだとか骨折。とくになにもなかったら、「異常なし」。

Cを病名にすれば、筋筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症、自律神経失調症など。

Bを治療すればCが治るということはない。

Cを治療すればBが治るということもない。

Bは治療の必用がないことが多い。

Cをしっかり治療しないとたいへん辛い人生になることがある。

しかし、殆どの医師はBばかり検査して、それがあたかもCの原因であるかのような診断をする。それが間違いのもと。Bになにもなかったら、「心因性」という診断になることもある。

知り合い10人ほどに相談したが、全員が手術はするなとのことだった。

しかし、ほかの治療が思いつかず、結局、手術をした。これが大きな失敗だった。

2回目の手術を受けた。しかし、これが禍し、・・・・

執刀医に食い下がったが、手術は成功しているとの回答のみ。

助手は少しやり残したところがあると言った。

神経内科にまわされ、あらゆる種類の薬を試したが効果はなかった。

ペインクリニックで硬膜外を受けたが効果なし。

精神科で相談したが、うつ手なし。

腰の手術をするなと友人の言ったことは正しかった。


私は腰の手術をしてたいへん苦しんでいる人を何人も知っている。痛みのメカニズム理論から考えても痛みの手術はあり得ない。

もし、効果があったとしても、プラセボ効果で、しばらくするとまた痛むことが多いのではないか。

いつまでもこんなことをやっていてはいけない。

私が入局したころ、教授がおっしゃった。「どんなことがあってもその患者を最後まで面倒をみる覚悟がなければメスを持ってはいけない。」

患者の人生がかかっているのだ。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-02-27 18:47 | MPS | Comments(5)
Commented by at 2013-02-28 00:28 x
今日もありがとうございました。 私は先生の病院に来る前に行った医○大で、いっそ手術をして下さいと言った事があります。断られましたが。痛くても筋肉を鍛えなさいと帰されました。今は断られてヨカッタと思ってます。半日以上かけて車イスで移動しながらでしたが、結局痛み止めの注射と飲み薬と湿布と医師からの、将来寝たきりになりたくなかったら鍛えるしか方法は無い。という言葉だけ。ここもダメだったという絶望感をかかえて家路につきました。だから先生の病院を知れてヨカッタです。なぜ自分がこうなるかが分かったし、治ると言ってもらえたから♪明日は仕事で午前にはいけないから不安ですが、頑張ってのりきろうと思います。
Commented by junk_2004jp at 2013-02-28 00:45
鍛えなくてもいいですよ。

スポーツ選手でも腰痛の人はいます。

がんばって来た結果なのですから、しばらくゆっくりしなさい。

不安や抑うつの身体化とみたほうが正解です。必ずよくなります。
Commented by at 2013-02-28 21:18 x
私の店に来るお客さんで最近座骨神経痛で手術をした人がいます。術後は良くないらしく、まだ足がしびれてビッコひいてました。私は先生の所を手術する前から進めていたけど、注射に抵抗があるみたいで、今、説得中です(^^ゞ
治るという言葉を自分に言い聞かせながら今日も仕事をしてきました。右の腰が痛くてくじけそうになりましたが、今はおさまってます…先生、お返事ありがとうございましたm(__)m
Commented by 寧夢 at 2013-03-13 13:16 x
転勤先が内示される日の朝から軽いぎっくり腰になった私。
立ったり座ったりは痛いものの
午後から何とか動けるようになり、
整形外科でのレントゲンには異常なし。

・・・ストレスだとしか思えません。
肩凝り、しびれ、手足のだるさ・・・。教科書通り。
転勤先がわかって5日目、現在は不眠が最も大きいかな。
反面腰の痛みは湿布を貼っているうちに引いてきました。

Commented by 悲しい現実 at 2015-07-14 11:06 x
この書き込みを見て、非常に悲しい思いと共に怒りさえ感じてしまいました。私の父は脊柱管狭窄症と診断されています。診断をした医師からは、手術しても治らないかも知れないし、寝たきりになってしまうかも知れないと言われ、又、周りからも手術し後悔した話しを聞かされて「手術して寝たきりになるのは嫌だ」とその後治療をすることすら拒否しています。
憔悴しきってしまって、何もやる気が起きず、ただ毎日寝ているだけです。
私の父は手術によって寝たきりになったわけではなく、周りのこういった意見により寝たきりにされてしまいました。
診断を下した医師は、かかりつけの普通の町医者で、先生のような専門医ではありません。専門医に診て貰えれば、何か治療法はあるかもしれないと説得を続けていますが、それすら叶わないかもしれません。
確かに手術することにはリスクは生じますし、必ずしもそれで良くなるとはいいきれません。しかし、手術をしてものすごく良くなった方が大勢いらっしゃる事も現実です。先生お一人を責めるつもりはありませんが、こういったタイトルでの書き込みで、手術を行う事を全否定することが世間に広まり、それが間違った見解を持ち、その後の人生を大きく狂わしてしまっていることがある現実をご理解下さい。
先生のように優秀で素晴らしい独自の治療方針をお持ちの方に診ていただく機会さえも奪われてしまっています。
素人が偉そうな事ばかり言って申し訳ありませんでした。なんとか良くなる方法はないかと探しているところに、この書き込みが目に止まってしまい、思わず書き込みました。先生の独自の治療方針がある事は理解出来ますが、他の治療法を100%否定すると取られるような書き込みはやめていただきたいと心から思います。


<< しびれ      ブロック注射 >>