2013年 03月 14日

慢性痛という病気

痛みが慢性化するメカニズム

http://medical.radionikkei.jp/premium/entry-157424.html

多くの人が苦しんでいる慢性痛

以上のように、痛みを放置すると、神経系が可塑的に変化し、慢性痛に移行することがあるので、痛みは早期に断ち切ることが最も重要であると思われます。また、慢性痛になりやすい人や病態というのがあるのかもしれません。今後、痛みが慢性化するメカニズムをさらに詳細に研究することにより、慢性痛の有効な治療薬・治療法が開発されることが期待されます。


内容はちょっと難しいですが、痛みは早期に止めることが大事です。最も効果的な薬剤は局所麻酔です。

慢性化した場合は、どのような薬剤や治療の組み合わせが最も適しているか医師と共に考えることです。

とても個人差があります。なにしろ他人の脳でのできごとですから(決して良い悪いということではありません)

認知行動療法は重要です。痛みに対する考え方を変える。「痛くてできない」→「痛くてもできる」

わが国では1700万人の人が何らかの慢性痛を抱えています。

慢性痛が増えるのは医師の説明にも一因があるのではないかと思います。

構造破綻が痛みの原因だという説明。神経が圧迫されているという説明。将来動かなくなるかもしれないという説明。手術が必用だと言う説明。

このような個人的な思いこみは痛みの慢性化に影響しているでしょう。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-03-14 00:36 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by at 2013-03-14 01:49 x
私は今までずっと腰痛持ちでギックリ腰を繰り返すのかが骨に異常が無いと言われたのに何でなのか原因が分かりませんでした。まさか筋肉のコリと心と脳に関係があるなんて目から鱗でした。まだ通院して4ヶ月。私の腰痛歴は15年。15年も病んでいたので半年や1年でスッキリ治るとは思ってません。早期に加茂先生を知っていたらと悔やんではいますが(笑)
Commented by at 2013-03-14 01:51 x
長すぎたので続きです^^;
私は幾つもの病院を今まで通って通い疲れていました。でも痛みから開放されたいし、加茂先生の病院で最後にしようと覚悟を決めて、本当は大の苦手な注射を試す事にしたのです。そして原因が分かっただけでも幸せです。脳とか心とか感じ方や考え方は顔が違うように人それぞれだと思います。今は一進一退な状態ですが、焦らずに治療に専念したいです。なぜなら私は自分にこの治療が合っていると実感しているからです。今後ともよろしくお願いいたします♪


<< 崩れゆく整形外科的理論      ”痛みのしくみ”とその歪み >>