心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 24日

痛みの治療は早いほうがいい

H.20.5月ある日、突然、両大腿に痛み、突っ張り感が起きる。だんだん痛みが強くなり、歩行が辛くなるも、多忙のため、受診できなかった。

H.20.12月   A医師 X線、MRI    脊柱管狭窄症

H.21.1月   神経内科(紹介により)

H.21.6月   整骨院を転々とする

H.23.7月   悪化、荷物をもって歩けない、数百m歩くと休む

H.23.10月  B医師  X線、MRI    脊柱管狭窄症

H.23.11月  C医師            脊柱管狭窄症

H.23.12月  大学神経内科(紹介により)   神経内科的異常なし

H.24.1月   大学整形外科   X線、MRI   脊柱管狭窄症

H.25.1月   当院     私の診断は両下肢の慢性の筋筋膜性疼痛症候群



加茂先生、2ヶ月に及ぶ入院治療、本当に有難うございました。・・・・・・その間、徒歩で1時間余りの、病み上がりの身体には少々キツイ行程になりましたが、その間、杖も無しに間歇性跛行の症状も全く出ず、極めて軽やか(?)な足取りで帰って来れました。


もし、H.20.5月ある日、突然、両大腿に痛み、突っ張り感が起きた次の日に圧痛点に局麻を注射すれば、1~数日で治癒した可能性がある。比較検討することは永遠にできないが、私の臨床経験ではそのように思う。
経済的、時間的損失は大きい。

痛みは放置することによって広がり、慢性化することがある。

神経内科の医師が神経学的には異常がないと言っているのに整形外科では脊柱管が狭窄しているため、神経が圧迫を受けているからと思っている。同じ大学内でも考え方にずれがある。

筋肉という発想が全くない。

神経学的には正常で筋肉の異常。

この場合でも神経障害性疼痛と言われるのは、圧迫のためではなくて、可塑性変化(末梢性、中枢性感作)のため。

排尿障害が出る前にと手術をすすめているが、「痛みを主訴としている患者に将来の麻痺を予想している」これはよくあるパターンだが、全く矛盾している。




[PR]

by junk_2004jp | 2013-03-24 02:44 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(11)
Commented by 批判ばかり at 2013-03-24 11:15 x
>筋肉という発想が全くない。
>神経学的には正常で筋肉の異 常。

批判も結構だと思いますが?
痛みをだけを止めるだけでいいのですか?
局所麻酔で筋肉の異常が治るのですか?
Commented by 患者 at 2013-03-24 12:27 x
自分も大きい病院でたらい回しになった経験がありますが!
「異常がない、様子をみましょう」が合言葉のように医者に言われます!
専門的知識がないのでよくわからないですが!
筋肉の問題が解決しなくても、痛みが少しでもとれれば、患者として今後の治療に前向きになれると思います!
Commented by うざ at 2013-03-24 15:25 x
批判ではなく、先生は真実を伝えて下さっているのではないでしょうか?
私はそう思います。
医学的なことは私には分かりませんが、痛みの患者を救おうと熱心に伝えて下さっているのだと私は感じてなりません。
Commented by junk_2004jp at 2013-03-24 16:18
私はどこにも治療法を書いていません。当然、tpbだけではないです。早期ならばtpbだけで十分です。
Commented by junk_2004jp at 2013-03-24 16:40
局所麻酔は痛みを止めるだけではありません。筋肉が反射的に攣宿そるのも止まります。また血流もよくなります。
Commented by tokyo小池 at 2013-03-24 21:04 x
>痛みを止めるだけでいいのですか

痛みがおさまれば、それで良しの場合は多いです。

>局所麻酔で筋肉の異常が治るのですか?

治る方もいれば、あまり効きめのない方もいます。

他にも、投薬、鍼灸、カイロ、カウンターストレインなど筋肉を
緩める治療はありますが、どれがその患者さんにあうかは
やってみなければわかりません。

ただ、よく言われている、骨や軟骨の異常が痛みの原因になる事は、
ありません。(一部特殊な例を除いて)

ご興味があるようでしたら、痛みについて、筋肉について、
学ばれてみるのもいいかもしれませんね。
冒頭の2つの?はすぐにつじつまがあうようになりますよ。
Commented by 自己治療中 at 2013-03-25 22:40 x
少し前の記事のコメント欄にて、加茂先生が患者さんに対し、「筋硬結は痛みの原因ではなくて結果です。」と述べられていますが、これは本当なんでしょうか?
経験上、確かに硬結が出来ている場所(明らかに凝りが触れる場所)に何時も痛みが有る訳ではありませんが、痛みが生じるとすれば大抵硬結の有る部分です。
それを考えますと、硬結が痛みの原因に成り得ないというのは、すんなりと受け入れられません。
硬結が生じている部分というのは、正常な部分に比べて伸びていると思います。その部分全体は収縮、縮んでいる様に見えますが、幾つもの筋肉などが絡み合って索条(索状?)になっている訳ですから、単体では寧ろ伸びていると思います。伸ばされていると言うべきでしょうか?
さておき、そうすると機械刺激――引張力でしょうか――が生じますから、ポリモーダル受容器などの侵害受容器を興奮させるに足る強さならば痛みは生じる様に思えます。
詰まり、硬結が有るだけでも痛みが生じる可能性は有るのではないでしょうか。
よろしければ加茂先生、お答えください。
Commented by junk_2004jp at 2013-03-26 13:16
厳密にいうと痛みの原因は侵害刺激なんです。

打撲や捻挫の早期は筋硬結はありません。

潜在性TPは筋硬結にあることが多いです。

筋硬結はそれ自体が痛みを起こすことはないです。痛みを起こすということになれば、エネルギーを持っているということになりますね。
Commented by 自己治療中 at 2013-03-26 19:08 x
言葉足らずで申し訳ありません。
筋硬結自体というよりは、筋硬結が近因・遠因問わず痛みの切っ掛けになるか否か、ということを聞きたかったのです。

筋硬結というのは異常な状態ですから、何かしらのフィードバックが行われると思うのです。
例えば、本来以上に伸びてしまった筋肉を収縮させる、等。
もし、このフィードバックが起こるのであれば
>痛みを起こすということになれば、エネルギーを持っているということになりますね。
という問題はクリアされると思います。
また、複雑に筋肉同士が絡み合ってる訳ですから上手く収縮することが出来ず、運動神経等の作用とは別に、他の絡んだ筋肉との均衡を保つ為に筋肉が再度伸ばされるという場合が考えられるかと思います。
ならば、引張力という機械刺激が加わる以上、痛みは発生し得るのではないでしょうか。

前回同様長くなって申し訳ありませんが、2段落目で述べた様なケースというのは考えられないのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2013-03-26 21:37
そうですね。そのようにしてひろがっていくことも考えられます。臨床ではどこもすべての筋肉が攣ったような状態になっているのをしばしばみかけます。TPというより、myogelosisといった状態です。
Commented by 自己治療中 at 2013-03-27 00:36 x
硬結は痛みの遠因に成り得る、という様に捉えても問題無いということですね。

myogelosisについて調べて見た所、このブログの過去の記事がヒットしました。
http://junk2004.exblog.jp/15694607
過去の自分の症状に完全に一致して驚きました。
僕はまだ20代なのですが、子供の頃から途轍もなく姿勢が悪く、尚且つバカみたいに熱中する人間でした。
中学生の頃には既にmyogelosis、筋硬症と診断され兼ねない(してくれる人は居ませんでしたが)身体の硬さだったと記憶しています。

さておき、面倒な質問にご回答下さり有り難うございました。

自己治療半ばでは有りますが、筋硬症だろうと何だろうと、硬結が原因の症状ならば自力の手技で治せるのではないかと思っています。
治療方法を確立している訳では無いので断言は避けますが、硬結に対するマッサージ(というよりは軽く擦る感じですが)だけではなく、合間に体勢を変えたり、或いは少し動いたりしてみるというのが鍵になると経験上思います。
言葉で上手く説明するのが難しく、またこれ以上長々と綴るのも迷惑になるので詳細は控えますが、自己治療を試みている方が居ましたら参考にしてください。


<< 引っ込め反射(屈曲反射)      痛みに関して医師を再教育しなけ... >>