心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 30日

引っ込め反射(屈曲反射)

侵害刺激が入力されると、侵害刺激から逃れようと、引っ込め反射(屈曲反射)が生じます。

熱いものに触れたとき、手を引っ込めるのがそうです。

この反射は体を守るのに必用なのですが、慢性痛の原因にもなるのでしょう。

b0052170_0545979.jpg


b0052170_1354531.jpg


A点B点C点と反射する筋肉が広がっていくことがあります。

同じ神経高位(デルマトーム)内でおきますから、あたかも神経に沿ってとか、神経が悪いという印象をもつのでしょう。

神経高位を超えて広がることがあります。(線維筋痛症)

b0052170_113519.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-03-30 01:02 | 痛みの生理学 | Comments(3)
Commented by コニ at 2013-03-30 22:38 x
先生、ABは脊髄反射というものですか?
Cが脳からの下行性の筋肉の収縮・痙攣を起こすものという理解でよろしいですか?
お忙しいと思いますのでお時間あるときで構いませんので宜しくお願いいたします。
Commented by junk_2004jp at 2013-04-01 13:17
ABCともに脊髄反射です。図が悪かったかな。
Commented by コニ at 2013-04-02 01:46 x
失礼しました。
脳から筋肉に起こっている損傷や硬結を治す信号が出ないものかな、なんて考えていたものですから。
今回の図、わかりやすいです。
ありがとうございます。


<< 週刊文春の腰痛特集      痛みの治療は早いほうがいい >>