心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 20日

画像診断命のお笑い整形外科の笑えない話

Aさん(60歳代、女性)は8年前、物を拾おうとした時、腰にピリッと痛みが走りました。そして動きが困難となったため、整形外科を受診しました。

検査の結果、脊柱管狭窄症と診断されて、しばらく治療しましたがよくならず、心療内科に紹介されました。

抗うつ薬を飲み続けましたが、一進一退を繰り返していましたが、3年前、再度、強い腰痛に襲われました。

とうとう脊柱管狭窄症ということで手術をしました。

術後、痛みは改善するどころか、より広範囲になり、辛い日々を送っていらっしゃいます。

先日TV「Letter~感謝の手紙~」を見て藁をもすがる気持ちで受診されました。

b0052170_441552.jpg


時計を捲き戻せるものなら、8年前のギックリ腰の時まで戻りたいものだ。

いわゆるギックリ腰の患者さんは毎日のように診ています。

圧迫骨折が疑われないようならレントゲン検査の必用はありません。

圧痛点に局麻を注射してやれば、その場で改善します。どれだけ長引いたとしても2週間もすれば治ってしまいます。筋肉が攣ったのですから。腕利きの代替治療家でも同じことでしょう。

このように、最初の判断がくるうととんでもないことになってしまいます。

このような病態に関しては、整形外科医は謙虚に勉強し直すべきです。

「手術は完璧に成功した。」といわれている。




[PR]

by junk_2004jp | 2013-04-20 04:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by at 2013-04-21 00:30 x
TVを見損ねて残念です(T_T)
私も15年前に戻りたいと何度も思っていました。でも私はまだマシな方ですね。30代だということと、MRIもレントゲンも骨には何にも異常が見つからなかったし、手術の段階じゃないと言われていたので…。ただ、何も異常が無いならなぜ何度もギックリ腰になるのか原因が分からず、職場も転々としたし何年もモヤモヤしていました。今は原因がハッキリし、また対処方法も分かったので本当に先生と出会えてヨカッタです!
Commented by junk_2004jp at 2013-04-21 21:58
私のHPのトップに貼ってあります。

http://www.tv-tokyo.co.jp/letters/


<< 分離すべり症      な~んちゃって脊柱管狭窄症2例 >>